ネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈

ネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈
ネットカジノの話題になると、違法だと声高に主張する意見があります。
しかし、基本的によほど問題のあるプレイや利用をしなければ、違法になりません。
今回、このネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈を中心にお話ししていきます。
これを読めばきっとネットカジノのプレイが基本的には違法でないということがわかるのではないでしょうか。

カジノという名前なのでネットカジノは違法という意見

カジノという名前なのでネットカジノは違法という意見
ニュースを見ると度々日本国内でカジノの違法営業の摘発が報道され、有名アスリートも逮捕されたことで、よりカジノが違法に感じられるようになった方も多いはずです。
そんなカジノという名前を冠したネットカジノも当然違法ではと考えるのも自然な流れといえます。
しかし、ネットカジノは、そういった賭博罪や賭博場開帳図利罪(とばくかいちょうとりざい)という違法行為には当たりません。
その理由として、プレイヤーが日本でプレイしていないこと、そもそも日本でカジノを営業していないということが挙げられます。

プレイヤーがネットカジノでプレイしているのは、海外の企業が海外で運営するネット上のカジノです。
そのため、解釈としてネットカジノでプレイするということは、国内の違法カジノに足を運んでプレイするというものではなく、海外の旅行先でカジノのプレイをするのと同じ意味になります。
そのため、賭博罪など公的に認められないギャンブルを「日本で」遊ぶこととは異なります。

カジノの運営している場所もクリーンです。
ネットカジノといっても運営している国で違法と認められている行為であれば、ネットカジノであっても現地の法律で罰せられます。
しかし、ネットカジノの運営元は、国でネットカジノの営業を容認している場所であり、当然プレイヤーも公認のネット上の店舗でカジノをプレイしているという解釈になります。

さらにそれらのネットカジノはそれぞれの国から営業の許可とも言えるライセンスを取得しているケースがほとんどです。
近年では業容拡大で運営企業が多国籍になってきている場合は、本社のある国だけでなく、支社の国でもライセンスを取得するダブルライセンスも得ています。
こういったライセンスを得ているため、出金時には身分証明書の提示やマネーロンダリング防止の観点から、一度に100万円相当を超える出金ができないなどの配慮がされています。

このようにプレイヤーも、そして運営元も合法的にオンライン上のカジノをプレイ、または運営しているため基本的には違法にはならないのです。

逮捕者が出ているからネットカジノは違法という意見

ここまでの意見に対して、詭弁だという意見も当然あると思います。
ネットの解釈に関しては、様々な見方があり、日本で賭博行為をしているのと同じだという意見があるのは自然です。

そして極めつけは、逮捕者を出しているというのがそれらの意見の方の最大の主張といえるでしょう。
しかし、逮捕者が出たケースは冒頭にもお話しした通り、「基本」的なプレイを逸脱していたということがその理由です。
その逮捕のパターンについては、次の項目でお話ししましょう。
逮捕者が出ているからネットカジノは違法という意見

ネットカジノを実店舗でプレイして逮捕
ネットカジノを実店舗、一見意味が分からないと感じた方もいるはずです。
簡単に言えば、ネットカジノの入出金を実店舗でやり取りしたケースです。
カジノカフェという業態の店舗がそれに当たり、この店舗では現金の入出金を代行して、金銭の授受を行っていました。

ネットカジノは入金こそ簡単ですが、出金の場合は身分証明や海外送金、電子マネーへの両替など、何かと面倒です。
そういった面倒な手続きを店側で行い、客は店にお金を渡して店内のネットカジノをプレイ、儲けが出て出金できるようになったら店からお金を受け取るというシステムです。
これは、完全に賭博場開帳図利罪で違法になります。

なぜなら、ネットカジノというシステムを使って「日本でお金のやり取りをする」ギャンブルになっているからです。
この状態では、当然ネットカジノを利用しているからといって違法カジノのストットマシンがネットカジノのパソコンに変わっているだけです。
つまり、こういった違法店舗を利用しなけれは違法にはなりません。

運営実態が完全に日本企業だった
運営実態が完全に日本企業だったという逮捕事例もあります。
確かに登記上はネットカジノが合法なフィリピンで、フィリピンのライセンスの他にキュラソーという、これもネットカジノを容認している自治政府からライセンスを得ていました。

しかし、運営は幹部全員が日本人で、しかもネットカジノの客がほぼ100%日本人だったということです。
こういった場合は、たとえ名義は海外の企業であっても日本人向けのサービスをする日本企業と同じなので完全に違法と判断されました。
幹部は全員逮捕されています。

このように明らかに日本人しか利用していない、実質日本人用のカジノになっているネットカジノは、営業実態に注意する必要があります。
ただ、基本的に大手のネットカジノは完全な海外企業であり、日本語以外にも多言語にチェンジできるネットカジノであれば、海外のサービスとなるので、冒頭の海外のカジノとみなされます。

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

普通に生活している分には縁はなく、ちょっとわかりにくい点もあるオンラインカジノ。
日本国内にある公営ギャンブルとは違い、わからない事を気軽に聞く事ができる人も周りに居なくて困っているという人も少なくありません。
そんな人に是非、今回、参考にして頂きたい事を少しお話したいと思います。
良かったら、これを読んでオンラインカジノの疑問点を少しは解消して頂けたらと思います。

オンラインカジノが抱えている社会的問題とは?

パソコンやスマホ一つで24時間365日、いつでもどこでも楽しむ事ができるオンラインカジノ。
一見、なんの問題もなく楽しいことばかりのようにも思えるオンラインカジノですが、日本をはじめ海外に目を向けると多くの社会問題を抱えているという事が言われています。
その中の一つがギャンブル依存症です。

パチンコやパチスロの場合、開店時間と閉店時間が決まっている為、1日の中でも終わりの時間があり、ある程度けじめをつけて楽しむ事も可能です。
一方、オンラインカジノの場合は開店も閉店もない為、24時間ぶっ通しで楽しむ事も可能となっています。
この点において、自分自身でけじめを付ける事ができない人にとっては大きな問題となってしまうのです。

初めは仕事から帰ってからの1・2時間程度。また、休日のみと決めてオンラインカジノを楽しんでいたような人でも、ついついのめり込んでしまい、結果、仕事にも行かず1日中、オンラインカジノを楽しんでしまうという事も…。
しかも、オンラインカジノの場合、その場で現金を支払い楽しむのではなく、クレジットカードや電子決済サービスを利用するため、金銭的にマヒしてしまう事も多くなってしまいます。
その結果、気付けば借金だらけ…。といった事も起きてしまうのです。

こういった事がオンラインカジノの大きな社会問題の一つと言われています。

オンラインカジノを始める為に必要な準備

オンラインカジノを始める為に必要な準備

そんなオンラインカジノを始める前の準備として、もちろん必要となるのがパソコンやスマホ、そしてネット環境となります。
勿論入出金に必要な電子決済サービスの準備も忘れてはいけません。

オンラインカジノの場合、直接、日本の銀行口座に入金してもらう事はできず、必ず電子決済サービスを間に挟むような形で出金しなければなりません。
入金に関しては、クレジットカードが可能なオンラインカジノもあり、その場合、手元にあるクレジットカードを利用する事も可能です。

電子決済サービスには、ecoPayz・iWallet・Bitcoin・VenusPointなどがあり、それぞれ、オンラインカジノによって対応しているものが異なる為、出来れば、どのオンラインカジノを利用するか決めた上で対応している電子決済サービスを利用する事をお勧めします。

そして、あとは自分自身で決めたけじめが必要です。
オンラインカジノの場合、無限に楽しむ事も可能となるギャンブルです。
その為、時間や曜日を決め、それ以外の時間には行わないなど自分で取り決めを行うことが重要で、そうする事で長く無理なくオンラインカジノを楽しむ事が可能となります。

オンラインカジノの登録から払い戻しまで

オンラインカジノの登録は、まず、自分が利用したいと思えるオンラインカジノを選び、そこから案内通りに行えば簡単に登録する事が可能です。
その際、払い戻し先として電子決済サービスを登録しておけば、スムーズに払い戻しする事も可能となります。

オンラインカジノの場合、通貨を選択する事ができる場合もあり、そこで迷った際は米ドルを選択しておくと無難です。
また、チップを購入する際は、クレジットカードを利用する事ができる場合もあり、クレジットカードを利用する事ですぐにでもオンラインカジノを始める事が可能となっています。
払い戻しにおいては、いくつかの方法があるものの一番便利なのは電子決済サービスとなります。

オンラインカジノのボーナス・プロモーションについて

オンラインカジノのボーナス・プロモーションについて

オンラインカジノの場合、初回限定ボーナスや定期的・不定期のボーナスなどがあります。
ただし、この場合、払い戻しをする際、条件が課せられる場合がある為、注意が必要となります。

カジノカフェの摘発や逮捕

日本国内においてカジノの興行は違法賭博となります。
その為、カジノカフェにおいては、違法となり摘発される事となりますし、経営者だけではなく利用者も検挙されてしまいます。
そのような目に遭わない為にも、絶対にオンラインカジノ感覚でカジノカフェなどを利用する事がないよう注意してください。
あくまでも、オンラインカジノは個人で利用してください。

これからのオンラインカジノについて

今現在、日本の法律ではグレーゾーンと言われているオンラインカジノ。
運営側が海外の企業で国内に店舗を構えていないという事で、まず、オンラインカジノを利用し摘発される事はありません。
しかし、今後、IR法案が成立すると、オンラインカジノへの考えも異なってくる可能性があります。
その為、オンラインカジノを安心して楽しむためには、今後の法案の行方を確認しておく必要があると言えます。

カジノの違法形態は減少傾向にある

カジノカフェの店舗数自体が減っている

オンラインカジノを使ってギャンブルをさせ、利益を得るのがカジノカフェです。
カジノカフェに関しては2000年代中盤に多く誕生し、オンラインカジノの知名度が低い状態のときには多くの方に利用されていました。

カジノカフェの店舗数自体が減っている

しかし、カジノカフェ自体はどんどん減少傾向にあり、なかなか経営を続けられない問題があります。
最近は一般的なカジノとしてサービスを提供し、摘発されるケースの方が圧倒的に多くなっています。
オンラインカジノを使わない背景には、オンラインカジノサービスが認知されたからという部分も大きいのです。

オンラインカジノが認知されて気づかれやすくなった

カジノカフェが多く誕生した背景には、オンラインカジノの知名度が低かったからという部分もあります。
一般的なカジノは日本でも認知されており、遊んではいけないのはわかっていましたが、オンラインカジノについては知られていなかったのです。
こうした知名度のなさが影響して、簡単にオンラインカジノで稼げる状態を作ってしまいました。
その結果、カジノカフェは多くの地域で登場してしまい、どんどん拡大してしまったのです。

しかし、現在はオンラインカジノに関連する情報がネット上に多く掲載されています。
ネット上にある多くの情報を見ておけば、簡単にオンラインカジノで遊べると判断できますし、個人でも自宅で遊べると考えられるのです。
逆に言えば、カジノカフェの関係者にとっては致命的な状況となり、オンラインカジノで遊んでみたいと考える人も誘えなくなりました。
この結果、オンラインカジノを使ったサービスでは客を誘致できないと判断されているのです。

カジノカフェにとって今まではオンラインカジノを使えば簡単に客を呼び込むことが可能でした。
しかし、今ではオンラインカジノについて知られている状況が生まれたため、結局ゲームをさせられず、ユーザーも来てくれないのです。
その結果、オンラインカジノでは通用しないと判断した業者が多くなり、カジノカフェは撤退が相次いでいます。
同時に摘発されて消えていくカジノカフェも相次いだため、これ以上は厳しいと判断して別の方法に切り替えられたのです。

オンラインカジノを広く認知できたのが大きい

オンラインカジノを広く認知できたのが大きい

オンラインカジノによる犯罪が減少している背景には、オンラインカジノのサービスをネットから認知させられたのが大きいでしょう。
オンラインカジノは自宅でも遊べること、そして入金方法についても様々なものが用意されており、安心して遊べると書かれているのが大きいのです。
この情報を見た人が、わざわざ外出先でオンラインカジノで遊ばなくてもいいんだと判断して、自宅でオンラインカジノで遊ぶようになったのはかなり大きなことです。

カジノカフェは外出先で遊んでもらいたいと考えていますし、手数料を取ってある程度利益を得たいと考えています。
この手数料という概念は、遊んでいる側にとってあまり良くないものです。
自宅でオンラインカジノを使う場合は、この手数料が加算されないため基本的にすべての利益を得られます。
カジノカフェに取られる金額も含めて得られるのはとてもいいことであり、オンラインカジノで遊ぶユーザーにとってはいい状況となりました。

オンラインカジノで犯罪が起きているのは警察も知っていますし、カジノカフェの摘発もかなり行われています
ただ、近年はオンラインカジノに関連する情報サイト等が多く出てきたことで、カジノカフェと呼ばれるところは減りつつあり、オンラインカジノに関連する摘発は減少傾向にあります。
ただ、オンラインカジノを日本国内で遊んでいいのかはグレーゾーン状態であり、警察としても動きづらいところにまだ問題は残されています。

カジノカフェは今後も増える可能性が低い

カジノカフェでは稼げないのは多くの人に知られていますし、2006年以降に大規模な摘発等も続いたため、これ以上はカジノカフェを続けられないと判断しています。
その結果、カジノカフェは今後増える可能性がかなり低くなっており、オンラインカジノを使った犯罪行為はほぼ起こらないでしょう。
最大の理由は、オンラインカジノが自宅で気軽に楽しめるサービスで、外に行かなくてもいいと知られているからです。

カジノカフェは今後も増える可能性が低い

カジノカフェにとって、オンラインカジノが拡大していったことがかなり大きな問題となり、厳しい状況となってしまいました。
現在はカジノカフェが駄目だという情報もネット上に多く掲載されており、訪れてくれる客もなかなかいません。
その結果、カジノカフェは経営困難の状態となっており、大金を使って遊んでくれるユーザーもなかなか見つけられなくなりました。

今後はカジノカフェではなく闇カジノの方が圧倒的に多くなるでしょう。
同時にオンラインカジノというサービスがネット上である程度の犯罪抑止力を発揮して、カジノカフェのような危ない場所を減らしてくれるのです。
これからはオンラインカジノのサービスが拡大していくと同時に安心感を得られるでしょう。

解決に向けた努力が必要な案件

オンラインカジノの問題について

オンラインカジノの問題について

オンラインカジノは、その利便性やボーナス特典など多くのメリットを有しています。
このため、世界中で受け入れられており、大変人気となっています。
特に日本国内でもオンラインカジノファンが増加中であり、今後ますます増えていくことでしょう。

ところが、このような状況にあるオンラインカジノなのですが、問題を抱えていることをご存知でしょうか。
これはオンラインカジノ業界全体が抱えている社会的な問題ですので、始める前には知っておく必要があります。
そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題についてご紹介をしていきたいと思います。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノの社会的な問題点ですが、具体的には、問題の代表格であるギャンブル依存症があります。
この症状がどのような状態に陥ってしまうのかということはそれほど知られておらず、自分自身が気づかないということも珍しくありません。

本来、生活の一部として、エンターテイメント的な役割として取り入れて欲しいオンラインカジノなのですが、オンラインカジノ依存症となってしまった場合には、いつの間にか生活の全部を占めてしまうことになり、大変なことになってしまいます。
ギャンブルを楽しむ上で自制心は非常に重要ですが、ときに歯止めが効かなくなってしまい、オンラインカジノ依存症になってしまうことがあります。
そうなれば、自分の気持ちをコントロールできなくなってしまい、依存症となってしまいます。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

自分だけはそのような状態にならないと考えがちの人もいますが、実はオンラインカジノ依存症は誰でも陥ってしまう可能性があるのです。
また、強度のギャンブル依存症に陥ってしまった場合には、自分で治すことが非常に困難になっています。
このような状態になってしまったら、すぐに専門家に相談をするようにして、周囲の助けを借りるようにしましょう。

オンラインカジノとスパム広告の問題について

オンラインカジノのスパム広告を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。
掲示板で無差別にスパム広告が貼り付けられていたり、またメールでスパムメールが届くこともあります。

スパム広告を送りつけているのは悪質なウェブオーナーであり、優良なオンラインカジノはそういったことをすることはありません。
しかし、一部の悪質なウェブオーナーのために、オンラインカジノ業界全体が悪いイメージになってしまうのは分けられません。
これはとても悲しいことであり、オンラインカジノ業界での課題となっています。

スパム広告が蔓延することによって客が離れてしまったり、イメージが悪くなってしまうことでオンラインカジノに対して規制がかかってしまう可能性もあります。

オンラインカジノとサービス意識の低さの問題

オンラインカジノは海外で運営されているということもあり、日本語サポートが重要となります。
英語でのやり取りができない日本人は何かとサポートのお世話になることになります。
しかし、オンラインカジノのサービスにはまだまだ問題があります。

他のサービス産業と比較してもサービス意識が希薄であり、ぞんざいな対応をされたり、時には日本語がまったく通じなかったり、時間に制限があることもあります。
時にはサポートからの返信がないこともあります。
オンラインカジノは、まだ歴史が浅いということもあり、サービス意識の低さが問題となっています。
このため、日本語サポートがしっかりとしている、顧客満足度の高いオンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

オンラインカジノと法律の曖昧さについて

オンラインカジノと法律の曖昧さについて

オンラインカジノは、法律的に曖昧な状態になっています。
その他の公営ギャンブルとは異なり、オンラインカジノは、海外で運営されていて、日本国内で法律で認められているというわけではありません。

そもそもオンラインカジノに関する法律がないので、これは違法とは言い難いのですが、法律的に曖昧なので誤解されてしまいがちです。
そして、今後日本国内で法律でどのように対応をしていくことが出来るのかという点でも社会的な課題となっています。

オンラインカジノと借金などの問題

オンラインカジノは、必勝法だったり攻略法を使うことで確実に勝てるという誇大広告がネットに上がっていたり、また副業や財テクとして紹介されることも多いです。
しかし、オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、そこにはハウスエッジが存在しているので、ここを誤解しているプレイヤーも少なくありません。

借金をしてまで、オンラインカジノで一山当てたいというプレイヤーもいて、借金返済を手軽に稼いで行おうとする行為も見受けられます。
既存のギャンブルと同様に、オンラインカジノも一つのギャンブルであるということを理解しておく必要があるのですが、プレイヤーが勘違いをしてしまうという点で問題となっています。