利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

普通に生活している分には縁はなく、ちょっとわかりにくい点もあるオンラインカジノ。
日本国内にある公営ギャンブルとは違い、わからない事を気軽に聞く事ができる人も周りに居なくて困っているという人も少なくありません。
そんな人に是非、今回、参考にして頂きたい事を少しお話したいと思います。
良かったら、これを読んでオンラインカジノの疑問点を少しは解消して頂けたらと思います。

オンラインカジノが抱えている社会的問題とは?

パソコンやスマホ一つで24時間365日、いつでもどこでも楽しむ事ができるオンラインカジノ。
一見、なんの問題もなく楽しいことばかりのようにも思えるオンラインカジノですが、日本をはじめ海外に目を向けると多くの社会問題を抱えているという事が言われています。
その中の一つがギャンブル依存症です。

パチンコやパチスロの場合、開店時間と閉店時間が決まっている為、1日の中でも終わりの時間があり、ある程度けじめをつけて楽しむ事も可能です。
一方、オンラインカジノの場合は開店も閉店もない為、24時間ぶっ通しで楽しむ事も可能となっています。
この点において、自分自身でけじめを付ける事ができない人にとっては大きな問題となってしまうのです。

初めは仕事から帰ってからの1・2時間程度。また、休日のみと決めてオンラインカジノを楽しんでいたような人でも、ついついのめり込んでしまい、結果、仕事にも行かず1日中、オンラインカジノを楽しんでしまうという事も…。
しかも、オンラインカジノの場合、その場で現金を支払い楽しむのではなく、クレジットカードや電子決済サービスを利用するため、金銭的にマヒしてしまう事も多くなってしまいます。
その結果、気付けば借金だらけ…。といった事も起きてしまうのです。

こういった事がオンラインカジノの大きな社会問題の一つと言われています。

オンラインカジノを始める為に必要な準備

オンラインカジノを始める為に必要な準備

そんなオンラインカジノを始める前の準備として、もちろん必要となるのがパソコンやスマホ、そしてネット環境となります。
勿論入出金に必要な電子決済サービスの準備も忘れてはいけません。

オンラインカジノの場合、直接、日本の銀行口座に入金してもらう事はできず、必ず電子決済サービスを間に挟むような形で出金しなければなりません。
入金に関しては、クレジットカードが可能なオンラインカジノもあり、その場合、手元にあるクレジットカードを利用する事も可能です。

電子決済サービスには、ecoPayz・iWallet・Bitcoin・VenusPointなどがあり、それぞれ、オンラインカジノによって対応しているものが異なる為、出来れば、どのオンラインカジノを利用するか決めた上で対応している電子決済サービスを利用する事をお勧めします。

そして、あとは自分自身で決めたけじめが必要です。
オンラインカジノの場合、無限に楽しむ事も可能となるギャンブルです。
その為、時間や曜日を決め、それ以外の時間には行わないなど自分で取り決めを行うことが重要で、そうする事で長く無理なくオンラインカジノを楽しむ事が可能となります。

オンラインカジノの登録から払い戻しまで

オンラインカジノの登録は、まず、自分が利用したいと思えるオンラインカジノを選び、そこから案内通りに行えば簡単に登録する事が可能です。
その際、払い戻し先として電子決済サービスを登録しておけば、スムーズに払い戻しする事も可能となります。

オンラインカジノの場合、通貨を選択する事ができる場合もあり、そこで迷った際は米ドルを選択しておくと無難です。
また、チップを購入する際は、クレジットカードを利用する事ができる場合もあり、クレジットカードを利用する事ですぐにでもオンラインカジノを始める事が可能となっています。
払い戻しにおいては、いくつかの方法があるものの一番便利なのは電子決済サービスとなります。

オンラインカジノのボーナス・プロモーションについて

オンラインカジノのボーナス・プロモーションについて

オンラインカジノの場合、初回限定ボーナスや定期的・不定期のボーナスなどがあります。
ただし、この場合、払い戻しをする際、条件が課せられる場合がある為、注意が必要となります。

カジノカフェの摘発や逮捕

日本国内においてカジノの興行は違法賭博となります。
その為、カジノカフェにおいては、違法となり摘発される事となりますし、経営者だけではなく利用者も検挙されてしまいます。
そのような目に遭わない為にも、絶対にオンラインカジノ感覚でカジノカフェなどを利用する事がないよう注意してください。
あくまでも、オンラインカジノは個人で利用してください。

これからのオンラインカジノについて

今現在、日本の法律ではグレーゾーンと言われているオンラインカジノ。
運営側が海外の企業で国内に店舗を構えていないという事で、まず、オンラインカジノを利用し摘発される事はありません。
しかし、今後、IR法案が成立すると、オンラインカジノへの考えも異なってくる可能性があります。
その為、オンラインカジノを安心して楽しむためには、今後の法案の行方を確認しておく必要があると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください