配当2倍のゲームで少しずつ利益を出していくマーチンゲール法とは

配当2倍のゲームで少しずつ利益を出していくマーチンゲール法とは
オンラインカジノには様々なゲームがありますが、マーチンゲール法の効果が発揮するのは勝率約50%で配当2倍のゲームとなります。
バカラやブラックジャック、ルーレットなど様々あり、マーチンゲール法でしたらこれら全てのゲームで、少しずつ利益を出していくことができます。
では具体的にマーチンゲール法とはどんな攻略法なのでしょうか?
そこで今回の記事では、配当2倍のゲームで少しずつ利益を出していくマーチンゲール法とは何なのか?どのように優れているのか?またどうしてオンラインカジノで禁止されていないのか?などを詳しく解説していきます。
マーチンゲール法を使って稼ごうと考えている方の参考になれば嬉しいです。

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法のやり方は、「負けたら次ゲームでは倍額をベット」だけで、他に覚えることはありません。
例えば1ドルをベットして負けたら次ゲームは2ドルをベットし、勝てば損失分回収と初回ベット金額の1ドルの利益が確定します。
もちろん2ドルでも負けたら次は4ドル、さらに連敗したら8ドル、16ドルと倍プッシュを続け、連敗数に関係なく、勝てば1ドルの利益となります。
オンラインカジノで通用する攻略法は数多くありますが、まさにマーチンゲール法は理想的で確実性の高い攻略法と言えるでしょう。

マーチンゲール法が優れている理由

マーチンゲール法が優れている理由
マーチンゲール法が優れている理由は、やはり「どんなタイミングでも勝てば必ず利益を得られる」ということです。
どんなに連敗が続いたとしても、約50%の確率で得られる勝利を掴むことで、初回ベット金額分の利益が確定します。
極端な話、たとえ30連敗40連敗で莫大な損失を出してしまったとしても、挽回のチャンスは常に約50%で訪れているわけです。
そしてもう一つが「誰でも簡単に覚えられるシンプルな攻略法」ということで、オンラインカジノが初めてという初心者でも今すぐ実践可能です。
攻略法の中にはメモを取ったり、計算機が必要な複雑なものも多く、正直なところ初心者がいきなり実践するのは難しいです。
しかしマーチンゲール法は、ただ倍賭けを繰り返すだけですので、×2の掛け算ができれば誰でも簡単に実践できます。

100%勝てるのにオンラインカジノで禁止されていない

どんなタイミングでも勝てば必ず利益を得られるマーチンゲール法ですが、どうしてオンラインカジノでは禁止されていないのでしょうか?
プレイヤーがマーチンゲール法で100%勝てるということは、オンラインカジノからしてみれば、常に赤字が続く状態となります。
極端な話、全プレイヤーがマーチンゲール法のみしていればギャンブルとして成立しませんし、オンラインカジノはただお金を配っているのと同じです。
そこでオンラインカジノでは「テーブルリミット」を設けており、全てのゲームで最大ベット金額が決められています。
つまりマーチンゲール法で最大ベット金額に到達したプレイヤーが1人でもいれば、それだけで十分な利益の確保になるわけです。
ただしボーナスを使ったマーチンゲール法については禁止しているオンラインカジノも多いのでご注意ください。

マーチンゲール法の実践で注意すべきこと

マーチンゲール法の実践で注意すべきことは、とにかく資金管理の徹底です。
確率約50%で利益確保となるマーチンゲール法ですが、3~5連敗程度は日常茶飯事ですし、場合によっては10連敗15連敗も普通に起こります。
10連敗は0.098%、15連敗は0.003%と普通ならそう簡単に到達するとは考えられないものですが、確率とは恐ろしいものなのです。
どれだけ連敗しても、次ゲームで負ける可能性は50%なのですから、極端な話、延々と負け続け、いつの間にか資金が不足し、莫大な損失を抱えたままマーチンゲール法を続けることができない可能性だってあります。
そのような事態に陥ってしまわないためにも、常に資金管理を徹底し、ヤバそうな展開の時には、サクッと損切りする覚悟を持ちましょう。
資金管理ができないようであれば、マーチンゲール法はもとより、オンラインカジノ自体避けた方が無難です。

まとめ

まとめ
今回は、配当2倍のゲームで少しずつ利益を出していくマーチンゲール法とはどんな攻略法なのか解説しましたが、いかがでしたか?
マーチンゲール法は負けたら次ゲームでは倍額をベットするだけの簡単な攻略法で、確実な利益を得ることができます。
誰でも簡単に覚えられるシンプルな攻略法ですので、オンラインカジノ初心者の方にもおすすめです。
ラスベガスやマカオなどではマーチンゲール法を禁止しているランドカジノもありますが、オンラインカジノでしたら問題ありません。
ただしテーブルリミットや資金不足によって、強制的にマーチンゲール法を続けられなくなるリスクも忘れてはいけません。
常に資金管理を徹底し、展開が悪い時には損切りを行い、勝っている時には勝ち逃げするのも大切です。
マーチンゲール法を正しく実践することで、オンラインカジノでの勝率が大幅にアップすること間違いありません。

ライブカジノとビデオゲームの違いはどこにあるの?

ライブカジノは近年、採用するオンラインカジノが増えています。
かつてオンラインカジノといえばビデオゲームが主流でした。
しかしインターネット接続環境の進化に伴い、ライブカジノが増えています。
もちろんまだまだビデオゲームも健在ではありますが、リアリティのあるプレイを楽しみたいプレイヤー層からはライブカジノが高い人気を集めています。
しかし、ライブカジノとビデオゲームの違いがよく分からない人もいるようですので、ライブカジノとビデオゲームの違いはどこにあるのか、その点について様々な角度から見てみるとしましょう。

ビデオゲームとは?

ビデオゲームとは?
ビデオゲームとは、いわゆる映像を楽しむものです。
家庭用ゲーム同様、ゲームのためのグラフィックが用意されており、プレイヤーが操作することでグラフィックが動くものです。

これらは総じてビデオゲームと呼ばれているもので、今日のオンラインカジノでも多数派だと考えてよいでしょう。
ビデオゲームのメリットとして、プレイヤーとすればいつでも好きな時に楽しめる点が挙げられますし、オンラインカジノ業者側とすればプログラムされたものなので、運用コストが低い点が挙げられます。

手軽に楽しめるものから、リアリティのある演出など、グラフィックの種類も様々なものとなっているのも、すべてはプログラムされたゲームだからこそできるものです。

ライブカジノとは?

ライブカジノとは?
一方のライブカジノとは、人間を相手にしたものです。
インターネット技術を用いることで、生身の人間との対戦が可能になりました。
映像、音声それぞれがリアルタイムのものなので、実際にカジノに足を運び、現地で楽しんでいるかのような気持ちを味わうことができます。

それまではインターネット接続環境がライブカジノに耐えられませんでした。
リアルタイムで映像を送受信しなければなりませんので、それなりの接続速度が求められました。
また、サーバーへの負担、さらにはリアルタイムでの通信を可能にするデバイスなど、ライブカジノのためには様々な設備が必要とされていましたが、国際的なインフラ整備・進歩によってライブカジノも問題なく楽しめる時代が到来しました。

結果、多くのオンラインカジノでライブカジノが増えつつあります。

ライブカジノのメリット・デメリット

ライブカジノのメリットはビデオゲームにはない臨場感です。
やはり生身の人間を相手にするとあって、何が起こるか分からないスリリングな展開がメリットです。

特にブラックジャックのような対戦要素のあるゲームの場合、臨場感がよりスリルをもたらします。
手持ちのトランプを充実させるだけではなく、「相手に勝つ」という要素に、心理的な駆け引きが加わります。
映像を通して自信満々にしているバンカーを見て何をするか。
このような戦略こそ、ライブカジノの醍醐味です。

一方デメリットとしては、リアルタイムでの映像通信になりますので通信量が増えます。
そのため、スマートフォンからオンラインカジノを楽しみたい人の場合、特に家庭のwi-fi環境ではなく通信会社の回線を使うとなれば、一度のライブカジノで多くの通信量を消費してしまいますので、その後のインターネット環境に支障をきたす可能性があります。

また、ライブカジノは生身の人間を相手にしますので、相手がいない時間には楽しむことができません。
つまり、24時間対応とは言えません。
特にビデオゲームはいつでも楽しめるものなので、ビデオゲームと比較すると、楽しめる時間が限られている点はデメリットです。

ビデオゲームのメリット・デメリット

ビデオゲームのメリット・デメリット
一方ビデオゲームの場合、いつでも手軽に楽しめる点がメリットです。
時間など関係なく、早朝でも深夜でも、いわゆるプレイヤーの多いコアタイム以外の時間でも問題なく楽しめます。
また、ビデオゲームの方の数が多いので選択肢が豊富な点もメリットです。

デメリットはこれといって見当たらないのですが、ライブカジノと比較すると、スリルという点ではどうしても劣ります。
プログラムされたコンピューターを相手にするビデオゲームの特性上、仕方ない部分であり、あくまでも「ライブカジノと比較して」の話ではありますが、一度ライブカジノでヒリヒリとしたスリルあるゲームを楽しむと、ビデオゲームに関して物足りないと感じてしまう人もいるかもしれません。

しかしいずれも個人の感性の問題なので、まずはビデオゲームにせよライブカジノにせよ、一度楽しんでみるとよいでしょう。

ライブカジノもビデオゲームも楽しいのがオンラインカジノ

ライブカジノとビデオゲーム。
それぞれ特徴の異なるゲームではありますが、優劣の問題ではなく、個性の違いになりますので、自分自身はどちらが合うのかという観点で、まずはビデオゲームとライブカジノ、それぞれ楽しんでみると良いでしょう。
ビデオゲームにはビデオゲームの、ライブカジノにはライブカジノの良さがありますので、どちらが優れているのかではなく、どちらが楽しめるのか、自分に合うのか、勝利を得られそうか。

このような観点が選択肢のポイントです。

ラッキーニッキーはどんなオンラインカジノなのか

オンラインカジノには数多くのカジノが存在します。
そのうちの一つが今回紹介するラッキーニッキーです。
このラッキーニッキーはどんなオンラインカジノなのかを紹介し、気になるカジノの評判についても紹介していきます。
これを読めばきっとラッキーニッキーの特徴や評判、そしてどんなカジノなのかがわかるでしょう。

ラッキーニッキーは日本人の利用も意識したオンラインカジノ

ラッキーニッキーは日本人の利用も意識したオンラインカジノ
結論を言えばラッキーニッキーは日本人の利用も意識したオンラインカジノです。
その理由は5つあり、日本人スタッフの登用、日本風アニメキャラの採用、日本語サポートの充実、日本人の利用が多いJCBに対応、そしてすべてのゲームで日本語に対応していることが挙げられます。

日本人スタッフの登用は、VIP制度に表れています。
ラッキーニッキーは、プラチナ、ダイヤモンド、レッドダイヤモンドなどランクがつけられているのが特徴です。
これらのランクになるとVIP待遇としてラッキーニッキーの利用が可能になります。
具体的には専属のアカウントマネージャーや有名イベント、迅速な出金、特殊なボーナスの数々、さらには実際のスペシャルイベントへの招待などが挙げられます。
こういった様々な特典をスムーズに受けられるようにガイドしてくれるのが専属のアカウントマネージャーです。
ラッキーニッキーは海外のサービスですが、マネージャーに関してはこちらが日本人だった場合、日本人のスタッフをマネージャーとしてつけてくれるのが特徴といえます。
こういった日本人にも利用しやすい体制は魅力といえるでしょう。

日本風のアニメキャラをインターフェースに採用しています。
日本のアニメに出てきそうなキャラクターがラッキーニッキーのトップページを飾り、そのキャラクターが各所で案内します。
海外のサービスが多いオンラインカジノは、どことなく海外風の見慣れないものが少なくありません。
しかし、日本風のアニメキャラを採用しているので、日本のサービスような感覚で海外のサービスが利用できます。

ラッキーニッキーは、日本語サポートも充実しています。
多くのカジノが採用しているメールでの日本語サポートやライブチャットでの日本語サポートは行われています。
ラッキーニッキーは、それらに加えてさらに電話での日本語サポートも実施しているのが特徴です。
電話での日本語サポートはより多くの日本語がわかるスタッフを配置しなければいけません。
そのため、いかに日本人にやさしいかわかるのではないでしょうか。

JCBの対応も注目です。
多くのオンラインカジノはクレジットカードの対応が欧米で主に使われているMastercardやVISAといったブランドしか利用できません。
しかし、ラッキーニッキーは日本人ユーザーが多いクレジットカードであるJCBに対応しています。
JCBは加盟店になる審査が難しい一面があるため、多くのオンラインカジノが敬遠しています。
しかし、ラッキーニッキーは日本人の使いやすさを意識して加盟店になり、利用を可能としているのが特徴です。

最後がゲームの完全日本語対応です。
ラッキーニッキーは、ゲーム数2,300タイトルを誇ります。
これらのタイトルは、一般的なオンラインカジノよりも多い数字です。
それだけのゲームを採用していながら、きちんと日本語に対応させています。
それだけ日本人にプレイしやすい環境を提供しているといえるでしょう。

これらの特徴がラッキーニッキーは日本人にも対応しているという理由です。

ラッキーニッキーのカジノを運営している体制について

ラッキーニッキーのカジノを運営している体制について
これだけ日本に対応させていれば、運営も日本の会社では、と思われがちです。
しかし、ラッキーニッキーを運営しているのはヨーロッパのカジノ企業であるEU Casinoの傘下です。
SkillOnNet Ltd, Officeというマルタ共和国の企業がEU Casinoの下でラッキーニッキーを運営しています。
大きな企業の支援を受けているので、各国向けのオンラインカジノを提供でき、そのうち日本人にも対応させているのが特徴です。

また、その運営企業自身もマルタ共和国のライセンスを取得しています。
さらにオーストラリアにある第三者機関「iTeckLabs」によるゲーム内容の監査を受けているのに注目です。
ゲームの運営のみならず、ゲームの内容についても審査を受けているからです。

仮に日本企業が運営していたら違法カジノになってしまいます。
しかしラッキーニッキーは、このように海外の企業が海外の審査や認可を受けている海外のサービスです。
そのため、日本の企業が運営している可能性は低いといえるでしょう。

ラッキーニッキーはどんなカジノなのか評判から知る

ラッキーニッキーはどんなカジノなのか評判から知る
ラッキーニッキーは評価の高いカジノです。
日本人向けになっていることはもちろん、日本人から総額10万ドル以上のジャックポットが出たことで評判になりました。
単に日本人から吸い取るという姿勢ではなく、きちんと勝つタイミングで勝たせてくれることも実証されたといえるでしょう。

ただ、ボーナスの扱いを間違えて、ゲームをしすぎてしまったために儲けが失われたという評判もあります。
そういった評判もあるので注意しましょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点とは

マーチンゲール法とモンテカルロ法は一見全く異なる攻略法に見えます。
しかし、共通点もいくつかあるのは事実です。

今回は、マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点にフォーカスし、共通の弱点や共通の強みにも触れながら紹介していきます。

これを読めばきっと、マーチンゲール法とモンテカルロ法の似ている点が分かり、オンラインカジノでよく用いられる2つの攻略法について、より理解が深まるのではないでしょうか。

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点は、5つあります。
それは、長い歴史を持つ、損失を回収する、クラシカルなゲームに対応、オンラインカジノで使いやすい、そして利益を出しやすいという点です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はいずれも長い歴史を持つ攻略法です。
オンラインカジノが生まれる以前、18世紀ごろには原型が生まれていたとされています。

カジノのための攻略法は数多くありますが、ここまで歴史を持つ攻略法は多くありません。
それだけ長く多くのギャンブラーに愛されてきた攻略法であるというのがマーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点です。

クラシカルなゲームに対応しているのがマーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点です。
共に2倍配当のゲームに対応し、伝統的なカジノのゲームに利用できると言う点で共通しています。

これらのゲームは、マイペースで落ち着いてプレイできるので、派手な演出やにぎやかなゲームで疲れた方には最適といえ、更に攻略法が使えるのはメリットです。

オンラインカジノで使いやすい攻略法という共通点もあります。
モンテカルロ法は、その確実な攻略能力から、実際のカジノで禁止されている場合があります。

しかし、オンラインカジノではマーチンゲール法とともにモンテカルロ法も自由に使える攻略法です。
方法も慣れてしまえばオンラインカジノで簡単に使えるので、とても便利といえます。

この点はマーチンゲール法とモンテカルロ法の大きな共通点であるといえるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は共に利益も出しやすい攻略法です。
メリットで紹介したいポイントでもあるのですが、マーチンゲール法とモンテカルロ法は最終的にほぼ確実に利益が出るという共通点を持ちます。

こういった共通点から長年愛されてきたとも言えるでしょう。

いずれにしても方法自体は全く異なるものの、共通点が多いのがマーチンゲール法とモンテカルロ法です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通した弱点

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通した弱点

マーチンゲール法とモンテカルロ法には共通した弱点もあります。
それは、ベット金額が上昇する、大きな利益が期待できない、対応ゲームがとても少ないといった3点です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はベット金額が上昇していきます。
マーチンゲールは負けるたびにベット金額が倍に、モンテカルロ法は、そこまで上昇しないものの、確実にベット金額が上昇していく点で共通しています。

そのため、いずれの攻略法もある程度の資金を用意してプレイする必要があるといえるでしょう。

大きな利益も期待できません。
一度に数百倍の利益を出すという力は、マーチンゲール法とモンテカルロ法ともに持ち合わせていないのが弱点です。
そのため、攻略法として華に欠けるといった印象があります。

対応ゲームも非常に限られます。
クラシカルなブラックジャックやシックポー、ルーレットといったゲームです。

こういったゲームはオンラインカジノの隅に追いやられているイメージも強く、若干ゲームを楽しめない印象もあります。
対応ゲームしかないという点もマーチンゲール法とモンテカルロ法に共通しています。

これらの点が弱点といえるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法に共通したメリット

マーチンゲール法とモンテカルロ法に共通したメリット

マーチンゲール法とモンテカルロ法のメリットは、利益を積み重ねられる、アプリがある、分かりやすいといった点が挙げられます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は共にコツコツと利益を積み重ねられます。
対応ゲームが2倍配当ないし3倍配当なので当選もしやすく、その度に利益が増えていく点は魅力といえます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はともに利用する際にアプリがリリースされています。
そのため、勝敗結果を入れていくだけでどんどん次のベット金額がガイドされ、効率よく攻略できるのです。

分かりやすいのも共通しています。
マーチンゲール法とモンテカルロ法から派生した攻略法や新たに編み出された新興の攻略法は、難解でミスをしやすい内容も少なくありません。
しかし、マーチンゲール法とモンテカルロ法は共に無料ゲームで練習すれば、少なくともその日のうちに簡単に利用できます。

このようにマーチンゲール法とモンテカルロ法は共通したメリットも多く、魅力的な攻略法といえます。
オンラインカジノでの利用もしやすく禁止されている攻略法でもありません。

そのため、まずはこれらの攻略法を利用してみるのも良いのではないでしょうか。

ネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈

ネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈
ネットカジノの話題になると、違法だと声高に主張する意見があります。
しかし、基本的によほど問題のあるプレイや利用をしなければ、違法になりません。

今回、このネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈を中心にお話ししていきます。
これを読めばきっとネットカジノのプレイが基本的には違法でないということがわかるのではないでしょうか。

カジノという名前なのでネットカジノは違法という意見

カジノという名前なのでネットカジノは違法という意見

ニュースを見ると度々日本国内でカジノの違法営業の摘発が報道され、有名アスリートも逮捕されたことで、よりカジノが違法に感じられるようになった方も多いはずです。
そんなカジノという名前を冠したネットカジノも当然違法ではと考えるのも自然な流れといえます。

しかし、ネットカジノは、そういった賭博罪や賭博場開帳図利罪(とばくかいちょうとりざい)という違法行為には当たりません。
その理由として、プレイヤーが日本でプレイしていないこと、そもそも日本でカジノを営業していないということが挙げられます。

プレイヤーがネットカジノでプレイしているのは、海外の企業が海外で運営するネット上のカジノです。
そのため、解釈としてネットカジノでプレイするということは、国内の違法カジノに足を運んでプレイするというものではなく、海外の旅行先でカジノのプレイをするのと同じ意味になります。
賭博罪など公的に認められないギャンブルを「日本で」遊ぶこととは異なります。

カジノの運営している場所もクリーンです。
ネットカジノといっても運営している国で違法と認められている行為であれば、ネットカジノであっても現地の法律で罰せられます。

しかし、ネットカジノの運営元は、国でネットカジノの営業を容認している場所であり、当然プレイヤーも公認のネット上の店舗でカジノをプレイしているという解釈になります。

さらにそれらのネットカジノはそれぞれの国から営業の許可とも言えるライセンスを取得しているケースがほとんどです。
近年では業容拡大で運営企業が多国籍になってきている場合は、本社のある国だけでなく、支社の国でもライセンスを取得するダブルライセンスも得ています。

こういったライセンスを得ているため、出金時には身分証明書の提示やマネーロンダリング防止の観点から、一度に100万円相当を超える出金ができないなどの配慮がされています。

このようにプレイヤーも、そして運営元も合法的にオンライン上のカジノをプレイ、または運営しているため基本的には違法にはならないのです。

逮捕者が出ているからネットカジノは違法という意見

逮捕者が出ているからネットカジノは違法という意見

ここまでの意見に対して、詭弁だという意見も当然あると思います。
ネットの解釈に関しては、様々な見方があり、日本で賭博行為をしているのと同じだという意見があるのは自然です。

そして極めつけは、逮捕者を出しているというのがそれらの意見の方の最大の主張といえるでしょう。
しかし、逮捕者が出たケースは冒頭にもお話しした通り、「基本」的なプレイを逸脱していたということがその理由です。

その逮捕のパターンについては、次の項目でお話ししましょう。

ネットカジノを実店舗でプレイして逮捕
ネットカジノを実店舗、一見意味が分からないと感じた方もいるはずです。
簡単に言えば、ネットカジノの入出金を実店舗でやり取りしたケースです。
カジノカフェという業態の店舗がそれに当たり、この店舗では現金の入出金を代行して、金銭の授受を行っていました。

ネットカジノは入金こそ簡単ですが、出金の場合は身分証明や海外送金、電子マネーへの両替など、何かと面倒です。

そういった面倒な手続きを店側で行い、客は店にお金を渡して店内のネットカジノをプレイ、儲けが出て出金できるようになったら店からお金を受け取るというシステムです。
これは、完全に賭博場開帳図利罪で違法になります。

なぜなら、ネットカジノというシステムを使って「日本でお金のやり取りをする」ギャンブルになっているからです。
この状態では、当然ネットカジノを利用しているからといって違法カジノのストットマシンがネットカジノのパソコンに変わっているだけです。

つまり、こういった違法店舗を利用しなけれは違法にはなりません。

運営実態が完全に日本企業だった
運営実態が完全に日本企業だったという逮捕事例もあります。
確かに登記上はネットカジノが合法なフィリピンで、フィリピンのライセンスの他にキュラソーという、これもネットカジノを容認している自治政府からライセンスを得ていました。

しかし、運営は幹部全員が日本人で、しかもネットカジノの客がほぼ100%日本人だったということです。

こういった場合は、たとえ名義は海外の企業であっても日本人向けのサービスをする日本企業と同じなので完全に違法と判断されました。
幹部は全員逮捕されています。

このように明らかに日本人しか利用していない、実質日本人用のカジノになっているネットカジノは、営業実態に注意する必要があります。

ただ、基本的に大手のネットカジノは完全な海外企業であり、日本語以外にも多言語にチェンジできるネットカジノであれば、海外のサービスとなるので、冒頭の海外のカジノとみなされます。

目標は21を目指すブラックジャックの基礎知識

カジノゲームにはトランプを使って勝負するカードゲームがいくつもあります。
カジノのカードゲームの中でも初心者から上級者まで幅広く人気を集めているのが「ブラックジャック」です。

ブラックジャックはカードの合計を21に近づけるかを競うゲームです。

シンプルなルールながら非常に奥深く、熱い駆け引きが楽しめることから多くのプレイヤーに楽しまれています。
一見難しそうに見えるブラックジャックですが基本的なポイントさえおさえておけば楽しく遊べるのが大きな特徴です。

今回は、オンラインカジノのブラックジャックについて紹介します。

ブラックジャックとは

ブラックジャックとは

ブラックジャックはトランプを使ったカードゲームです。

勝負はディーラーとプレイヤーが一対一で行い、手札の合計が21に近いほうが勝利となります。
合計が21ピッタリになることをブラックジャックと呼び、ゲームの名称となっています。

ブラックジャックの最大の魅力はベットをめぐる駆け引きです。
勝ち負けを予想してベットするのか、それとも勝負からおりるのかを判断します。
勝てるチャンスなのにおりてしまったり強気でベットしたのに負けてしまったりと、単純な運だけでは勝てない奥深さが多くの人を惹きつけます。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックはディーラーと一対一で勝負するゲームです。
オンラインカジノでは他のプレイヤーと同じテーブルでプレイすることもありますが、他プレイヤーとは勝負せずあくまでも対戦相手はディーラーです。

ブラックジャックは最初にベットを行った後、プレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚ずつのカードが配られるところからゲームが始まります。
プレイヤーは配られた2枚の手札を見て勝負をするかおりるかを判断します。

勝負する場合はカードを1枚引く(ヒット)かカードを引かずに勝負するか(スタンド)かを宣言します。
ヒットを宣言した場合はスタンドになるまでカードを引き、スタンドを宣言した時点の手札の合計でディーラーと勝負を行います。

手札の合計が21を超えると「バースト」となりその時点で負けとなります。
勝負に勝つとベットしたチップの2倍が払い戻され、負けるとチップは全額没収されます。

ブラックジャックの特殊ルール

ブラックジャックの特殊ルール

ヒットとスタンド以外にもプレイヤーにはいくつかのアクションが可能です。

・ダブルダウン
2枚の手札が配られたときにダブルダウンを宣言するとカードをあと1枚だけひくことを条件に掛け金を倍に増やせます。

3枚の手札の合計で勝負することになるので最初の2枚の手札が強力な場合に選択するのが望ましいアクションです。
ダブルダウンはタイミングよく選択すれば大勝ちが狙えますが、失敗すれば失うチップも倍になるリスクを伴います。

・インシュランス
ディーラーの手札の2枚のうち表向きになっている1枚がAであるときに限り認められるアクションが「インシュランス」です。

インシュランスは一種の保険のようなものでベット額の半額を支払うとディーラーがブラックジャックをそろえたときに限りベット額を含む支払い全額が戻ってくるというルールです。
最初のベットで10枚のチップを賭けていた場合はインシュランスとして支払う額は5枚となり、ディーラーがブラックジャックをそろえたら15枚が手元に戻ることになります。

インシュランスで払い戻されるのはディーラーがブラックジャックをそろえたときに限られ、ブラックジャックではなかった場合はインシュランスで支払った半額は没収されてしまいます。
この場合は通常の勝負となり勝てばベットの倍額が払い戻され負ければ全額没収されます。

つまり、インシュランスをしてディーラーがブラックジャックにならなかった場合は勝負に勝っても手元に戻るチップはベット額の1.5倍になります。

・スプリット
最初に配られた2枚の手札の数字が同じだったときは「スプリット」を宣言できます。
スプリットを宣言すると2枚のカードを2つに分けそれぞれを手札として勝負を行います。

掛け金は最初に宣言した額をベットするため倍額が必要になります。
スプリットは手札を2つに分けるだけなので必ずしもプレイヤーが有利になるわけではありません。

一部の数字はスプリットが非常に有利に働くので見極めが重要です。

・サレンダー
「サレンダー」とは降参という意味で、最初の手札で負けると判断したときはベット額の半額を支払うことで勝負をおりることができます。

これらの代表的なアクション以外にもオンランカジノ独特のルール(ハウスルール)が導入されていることがあります。
プレイする前にルールを確認しておきましょう。

ブラックジャックで儲けられる?

ブラックジャックはオンラインカジノの中ではプレイヤーに有利な設定のゲームです。
数学的な統計調査によるとカジノで期待値が100を超える(儲けが出る)可能性が最も高いのは熟練者がブラックジャックをプレイした場合だとされています。
駆け引きや勝負どころの見極めなどプレイヤーの選択が勝負結果に与える影響が強く、運のみで決まるゲームに比べれば勝てる可能性はかなり高いゲームです。

逆にいえばプレイヤー次第で負けてしまう可能性が高いゲームでもあります。
ゲームそのものを楽しむつもりでプレイするのが正しいブラックジャックとの向き合い方といえるでしょう。

必勝法は?

必勝法は?

ブラックジャックには「カウンティング」と呼ばれるカードの強さを数値化する攻略法が存在します。
リアルカジノの殆どで禁止されているカウンティングですが、ライブゲーム型のオンラインカジノならカウンティングが通用する可能性があります。

ただし、現在では最新鋭のシャッフルマシン導入や疑わしいプレイヤーの排除などカウンティングに対する対策も進んでいます。
規約にカウンティング行為禁止を明記しているオンラインカジノも多いので注意してください。

まとめ

シンプルなルールながら熱い勝負が楽しめるブラックジャック。
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

新参故の柔軟性と十分な安心感を誇るカジノ

安全性が高いからこそ運営を続けられる

安全性が高いからこそ運営を続けられる

オンラインカジノは、ギャンブル業界の中でも飛び抜けて高いペイアウト率を持つことから、世界的な人気を誇っています。
オンラインカジノのペイアウト率は97%という驚異的な高さで、これはギャンブルに投じた金額の97%が戻ってくることを意味しています。

パチンコでも競馬でもギャンブルに参加したことがある方ならば、この97%というペイアウト率がどれほど高いかわかるでしょう。
これだけ高いペイアウト率ならば、まったくの未経験者がプレイしても利益を得ることが可能となります。

しかしオンラインカジノと一口に言っても、現在世界には2千以上のオンラインカジノが存在しています。
その中でも大手と呼ばれるオンラインカジノはごくわずかで、オンラインカジノプレイヤーの大半がそうした大手オンラインカジノでプレイしています。

こうしたオンラインカジノ業界の事情から、新設されたオンラインカジノが成功し、長く運営を続けられる可能性はかなり低くなっています。

新参オンラインカジノながらも信頼度は抜群

新参オンラインカジノながらも信頼度は抜群

ところが、2018年12月に設立されたばかりのオンラインカジノが今大変注目されています。
それはカジノシークレットというオンラインカジノで、カジノで有名なマルタ島に本拠地を置いています。

オンラインカジノの運営に必須のライセンスも本拠地のあるマルタ島より発行されています。

オンラインカジノを合法として認めている国は世界に多くありますが、その国によってライセンス発行の審査の難易度が違います。
資金さえあれば簡単に取得できるようなライセンスもあれば、大企業であっても審査落ちしてしまうような厳しい審査を必要とするライセンスもあります。

マルタ島発行のライセンスはまさにその後者であり、例えどれだけ資金を持っている大企業であっても、そう簡単にライセンスを取得することができません。
資金面の他にも、高い運営能力や公正公平なギャンブルの提供能力など、様々な側面からオンラインカジノを運営するに相応しい会社かどうかをチェックされます。
こうした厳しい審査をパスしなければライセンスを発行されないため、マルタ島からライセンスを受けているオンラインカジノは、安全面・信頼面に関して優れていると判断することができます。

カジノシークレットは新参オンラインカジノでありながらも、このマルタ島よりライセンスを受け運営に漕ぎ着けているので、その安全性・信頼性にかけては抜群のものがあります。

また、カジノシークレットはオンラインカジノ業界に関わっていたエキスパートたちにより設立されているので、従来のオンラインカジノの魅力に足りなかった点が上手くカバーされ、ベテランもルーキーも誰でも楽しめるオンラインカジノとなっています。

斬新的な初回入金キャッシュバック

斬新的な初回入金キャッシュバック

オンラインカジノの魅力の一つとなっているのがボーナスです。
ボーナスとは条件をクリアすることで、現金同様に使える無料チップを受け取れるサービスのことです。

オンラインカジノごとにこのボーナスの内容は異なるのですが、共通しているもっとも大きなボーナスが初回入金ボーナスでしょう。
文字通り初回の入金時に受け取れるボーナスで、基本的には入金した金額の100%をボーナスとして受け取ることができます。
カジノシークレットでは、この入金ボーナスを入金キャッシュバックと呼び、内容がその他のオンラインカジノと違っています。

一般的なオンラインカジノでは、初回入金が完了した時点でボーナスが付与されるのですが、カジノシークレットの場合は初回入金後ゲームに勝てず利益を出せなかった場合に限り付与されます。
付与されるボーナスは入金額の50%を最大で50ドルまでとなっています。

これはその他のオンラインカジノと比べると条件が悪いように思えますが、カジノシークレットはその初回入金キャッシュバックで得た分の引き出しを自由に行うことができます。

ほとんどすべてのオンラインカジノが、一定の条件を満たさなければ初回入金ボーナスの引き出しをできない仕様としています。
初回入金ボーナスを引き出すためには、入金額にボーナス分を加えた額に18倍程度をかけた金額をプレイしなければなりません。

これは最低賭け条件と呼ばれ、たとえば100ドルの入金で100ドルのボーナスを受け取った場合、200ドル×18=3600ドル分プレイする必要があります。
3600ドルというと、日本円にして40万円近くもの大金となりますので、これだけの金額をゲームに費やすのはそう簡単なことでありません。

カジノシークレットにはこうした最低賭け条件が存在しないため、初回入金キャッシュバックで得た金額は、すぐに引き出し現金化することもできますし、そのままプレイに使用することもできます。

初回入金ボーナスは、内容は魅力的ながら引き出すための制限がきついのが大きなネックとなっていたので、このカジノシークレットの初回入金に関するプロモーションは斬新で非常に魅力的なものとして、多くのオンラインカジノプレイヤーに支持されています。

こうしたキャッシュバックの他にも、ネットエントやマイクロゲーミングといった有名なソフトウェア会社のゲームを多く揃えていたり、日本語スタッフによる完全日本語対応を実現していることから、日本人プレイヤーにとってもカジノシークレットは遊びやすいオンラインカジノとして注目を集めています。

昨今の動きとも連動する様々な問題点

オンラインカジノが抱える社会的問題。
少々、大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、誰もが楽しめる国際的なコンテンツであるオンラインカジノは、楽しさの一方で、いくつか抱えている問題があります。

今後、今以上にオンラインカジノを安心して楽しむためには、これらの課題をどのような形で改善させるのかが大切になります。

法律的な問題もある

法律的な問題もある

あくまでも日本国内の問題ではありますが、オンラインカジノの法律的な解釈は、今後解決した方が良いであろう問題です。

オンラインカジノは法律的な面から常にグレーゾーンだと囁かれています。

実際には海外のサーバーにて運営されているコンテンツである以上、法規範はサーバーの置かれている海外でという解釈で落ち着きつつあるのですが、法律の問題はデリケートです。
ましてや今後、IRの解禁等もありますので、オンラインカジノの法的な立ち位置を明確にすることも大切でしょう。

但し、この点はオンラインカジノ業界の努力云々ではなく、法律を作る側の問題です。
オンラインカジノ業界としては、いわば「このまま」でも特に問題ありませんが、日本人ユーザーとしてはそろそろ決着をしてもらいたいとの思いもあるのではないでしょうか。

その点では、法律的な面を「決着」させることで、国内のユーザーとしても心置きなくオンラインカジノを楽しめると共に、まだオンラインカジノ未プレイで、且つ法律的な面を心配しているというユーザーも、法律面が整えば安心してオンラインカジノを楽しめるようになるのではないでしょうか。

ギャンブル依存症との向き合い方

ギャンブル依存症との向き合い方

この点もまた、オンラインカジノ業者が直接悪い事をしている訳ではないのですが、オンラインカジノとしてもギャンブル依存症とどのように向き合うのか、今後オンラインカジノが発展するためには気にするべき部分ともいえるでしょう。

実際、オンラインカジノの中には既にギャンブル依存症対策に乗り出しているところもあります。
一か月のベット額の上限を定めているところもあれば、ロック機能や入出金の上限設定等、無理をせずに楽しめる設定をしているオンラインカジノもありますので、決して「まったく何もしていない」訳ではありません。

しかし、今後は先にもお伝えしたようにIRが控えています。
国内に於ける事実上のカジノ解禁とも言われているIR法案は、オンラインカジノも決して無関係ではありません。
カジノ解禁ともなれば、今後はオンラインカジノに国内の業者が参入し、さらなる巨大市場を形成する可能性もあります。

すると、そこで問題になるのがギャンブル依存症の問題です。
IR法案に於いてもギャンブル依存症の問題がクローズアップされました。

もしもですが、オンラインカジノが今後国内でも可能にとなれば、更にギャンブル依存症の問題がクローズアップされることが予想されます。
先の件同様、オンラインカジノ業者側が悪いことをしている訳ではないのですが、オンラインカジノが今後さらに発展を遂げるためには、この問題にも向き合う局面が来ることでしょう。

分かりやすさの問題について

分かりやすさの問題について

オンラインカジノは現状、アカウントを開設し、送金サービスにも登録。
送金サービスを介すことで入出金を可能にしています。

慣れてしまえば決して難しいことではないのですが、まだオンラインカジノを楽しんだことがないプレイヤーにとっては、送金サービスに対してハードルの高さを感じているのではないでしょうか。
それだけに、送金サービスに頼らない環境づくりが求められるのですが、この点もいわばオンラインカジノ業者だけの努力ではなく、先にもお伝えした法整備に準ずるものとなっています。

オンラインカジノを楽しむにあたって送金サービスを利用するのは、国内の金融機関からオンラインカジノのアカウントにはダイレクトに入出金ができないからです。
しかし入金しなければお金を賭けて楽しむことができません。

これではオンラインカジノの魅力が半減してしまいます。
そこでオンラインカジノに入金できる方法としてクローズアップされることとなったのが、この点もいわば法整備がなされていないことで直接送金ができないからこそ、送金サービスを頼っているのです。

法整備さえ整えば送金サービスが不要になり、オンラインカジノがさらに身近なものになる可能性を秘めていますが、この点に関してもオンラインカジノ業者側の努力ではなく、行政側の対応を待つというスタンスになります。

まとめ

オンラインカジノがより楽しめるコンテンツとなるためには、これらの解決が大切ではありますが、一方でオンラインカジノ業者側ができることではない現実もあります。

しかし、今後IRが本格的に導入されることとなれば、そのタイミングでオンラインカジノに関しても様々な議論が繰り広げられることが予想されるだけに、今後オンラインカジノもこれらの問題と向き合う機会をチャンスと捉えるべきでしょう。

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

普通に生活している分には縁はなく、ちょっとわかりにくい点もあるオンラインカジノ。
日本国内にある公営ギャンブルとは違い、わからない事を気軽に聞く事ができる人も周りに居なくて困っているという人も少なくありません。

そんな人に是非、今回、参考にして頂きたい事を少しお話したいと思います。
良かったら、これを読んでオンラインカジノの疑問点を少しは解消して頂けたらと思います。

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

オンラインカジノが抱えている社会的問題とは?

パソコンやスマホ一つで24時間365日、いつでもどこでも楽しむ事ができるオンラインカジノ。
一見、なんの問題もなく楽しいことばかりのようにも思えるオンラインカジノですが、日本をはじめ海外に目を向けると多くの社会問題を抱えているという事が言われています。

その中の一つがギャンブル依存症です。

パチンコやパチスロの場合、開店時間と閉店時間が決まっている為、1日の中でも終わりの時間があり、ある程度けじめをつけて楽しむ事も可能です。

一方、オンラインカジノの場合は開店も閉店もない為、24時間ぶっ通しで楽しむ事も可能となっています。

この点において、自分自身でけじめを付ける事ができない人にとっては大きな問題となってしまうのです。

初めは仕事から帰ってからの1・2時間程度。また、休日のみと決めてオンラインカジノを楽しんでいたような人でも、ついついのめり込んでしまい、結果、仕事にも行かず1日中、オンラインカジノを楽しんでしまうという事も。

しかも、オンラインカジノの場合、その場で現金を支払い楽しむのではなく、クレジットカードや電子決済サービスを利用するため、金銭的にマヒしてしまう事も多くなってしまいます。
その結果、気付けば借金だらけ…。といった事も起きてしまうのです。

こういった事がオンラインカジノの大きな社会問題の一つと言われています。

オンラインカジノを始める為に必要な準備

オンラインカジノを始める為に必要な準備

そんなオンラインカジノを始める前の準備として、もちろん必要となるのがパソコンやスマホ、そしてネット環境となります。
勿論入出金に必要な電子決済サービスの準備も忘れてはいけません。

オンラインカジノの場合、直接、日本の銀行口座に入金してもらう事はできず、必ず電子決済サービスを間に挟むような形で出金しなければなりません。
入金に関しては、クレジットカードが可能なオンラインカジノもあり、その場合、手元にあるクレジットカードを利用する事も可能です。

電子決済サービスには、ecoPayz・iWallet・Bitcoin・VenusPointなどがあり、それぞれ、オンラインカジノによって対応しているものが異なる為、出来れば、どのオンラインカジノを利用するか決めた上で対応している電子決済サービスを利用する事をお勧めします。

そして、あとは自分自身で決めたけじめが必要です。
オンラインカジノの場合、無限に楽しむ事も可能となるギャンブルです。
その為、時間や曜日を決め、それ以外の時間には行わないなど自分で取り決めを行うことが重要で、そうする事で長く無理なくオンラインカジノを楽しむ事が可能となります。

登録から払い戻しまで

オンラインカジノの登録は、まず、自分が利用したいと思えるオンラインカジノを選び、そこから案内通りに行えば簡単に登録する事が可能です。
その際、払い戻し先として電子決済サービスを登録しておけば、スムーズに払い戻しする事も可能となります。

オンラインカジノの場合、通貨を選択する事ができる場合もあり、そこで迷った際は米ドルを選択しておくと無難です。

また、チップを購入する際は、クレジットカードを利用する事ができる場合もあり、クレジットカードを利用する事ですぐにでもオンラインカジノを始める事が可能となっています。
払い戻しにおいては、いくつかの方法があるものの一番便利なのは電子決済サービスとなります。

ボーナス・プロモーションについて

ボーナス・プロモーションについて

オンラインカジノの場合、初回限定ボーナスや定期的・不定期のボーナスなどがあります。
ただし、この場合、払い戻しをする際、条件が課せられる場合がある為、注意が必要となります。

カジノカフェの摘発や逮捕

日本国内においてカジノの興行は違法賭博となります。
その為、カジノカフェにおいては、違法となり摘発される事となりますし、経営者だけではなく利用者も検挙されてしまいます。

そのような目に遭わない為にも、絶対にオンラインカジノ感覚でカジノカフェなどを利用する事がないよう注意してください。
あくまでも、オンラインカジノは個人で利用してください。

これからのオンラインカジノについて

今現在、日本の法律ではグレーゾーンと言われているオンラインカジノ。
運営側が海外の企業で国内に店舗を構えていないという事で、まず、オンラインカジノを利用し摘発される事はありません。

しかし、今後、IR法案が成立すると、オンラインカジノへの考えも異なってくる可能性があります。
その為、オンラインカジノを安心して楽しむためには、今後の法案の行方を確認しておく必要があると言えます。

カジノの違法形態は減少傾向にある

カジノカフェの店舗数自体が減っている

オンラインカジノを使ってギャンブルをさせ、利益を得るのがカジノカフェです。
カジノカフェに関しては2000年代中盤に多く誕生し、オンラインカジノの知名度が低い状態のときには多くの方に利用されていました。

しかし、カジノカフェ自体はどんどん減少傾向にあり、なかなか経営を続けられない問題があります。
最近は一般的なカジノとしてサービスを提供し、摘発されるケースの方が圧倒的に多くなっています。

オンラインカジノを使わない背景には、オンラインカジノサービスが認知されたからという部分も大きいのです。

カジノカフェの店舗数自体が減っている

オンラインカジノが認知されて気づかれやすくなった

カジノカフェが多く誕生した背景には、オンラインカジノの知名度が低かったからという部分もあります。
一般的なカジノは日本でも認知されており、遊んではいけないのはわかっていましたが、オンラインカジノについては知られていなかったのです。

こうした知名度のなさが影響して、簡単にオンラインカジノで稼げる状態を作ってしまいました。
その結果、カジノカフェは多くの地域で登場してしまい、どんどん拡大してしまったのです。

しかし、現在はオンラインカジノに関連する情報がネット上に多く掲載されています。
ネット上にある多くの情報を見ておけば、簡単にオンラインカジノで遊べると判断できますし、個人でも自宅で遊べると考えられるのです。

逆に言えば、カジノカフェの関係者にとっては致命的な状況となり、オンラインカジノで遊んでみたいと考える人も誘えなくなりました。
この結果、オンラインカジノを使ったサービスでは客を誘致できないと判断されているのです。

カジノカフェにとって今まではオンラインカジノを使えば簡単に客を呼び込むことが可能でした。
しかし、今ではオンラインカジノについて知られている状況が生まれたため、結局ゲームをさせられず、ユーザーも来てくれないのです。

その結果、オンラインカジノでは通用しないと判断した業者が多くなり、カジノカフェは撤退が相次いでいます。
同時に摘発されて消えていくカジノカフェも相次いだため、これ以上は厳しいと判断して別の方法に切り替えられたのです。

オンラインカジノを広く認知できたのが大きい

オンラインカジノを広く認知できたのが大きい

オンラインカジノによる犯罪が減少している背景には、オンラインカジノのサービスをネットから認知させられたのが大きいでしょう。
オンラインカジノは自宅でも遊べること、そして入金方法についても様々なものが用意されており、安心して遊べると書かれているのが大きいのです。

この情報を見た人が、わざわざ外出先でオンラインカジノで遊ばなくてもいいんだと判断して、自宅でオンラインカジノで遊ぶようになったのはかなり大きなことです。

カジノカフェは外出先で遊んでもらいたいと考えていますし、手数料を取ってある程度利益を得たいと考えています。
この手数料という概念は、遊んでいる側にとってあまり良くないものです。

自宅でオンラインカジノを使う場合は、この手数料が加算されないため基本的にすべての利益を得られます。
カジノカフェに取られる金額も含めて得られるのはとてもいいことであり、オンラインカジノで遊ぶユーザーにとってはいい状況となりました。

オンラインカジノで犯罪が起きているのは警察も知っていますし、カジノカフェの摘発もかなり行われています

ただ、近年はオンラインカジノに関連する情報サイト等が多く出てきたことで、カジノカフェと呼ばれるところは減りつつあり、オンラインカジノに関連する摘発は減少傾向にあります。
オンラインカジノを日本国内で遊んでいいのかはグレーゾーン状態であり、警察としても動きづらいところにまだ問題は残されています。

カジノカフェは今後も増える可能性が低い

カジノカフェは今後も増える可能性が低い

カジノカフェでは稼げないのは多くの人に知られていますし、2006年以降に大規模な摘発等も続いたため、これ以上はカジノカフェを続けられないと判断しています。
その結果、カジノカフェは今後増える可能性がかなり低くなっており、オンラインカジノを使った犯罪行為はほぼ起こらないでしょう。

最大の理由は、オンラインカジノが自宅で気軽に楽しめるサービスで、外に行かなくてもいいと知られているからです。

カジノカフェにとって、オンラインカジノが拡大していったことがかなり大きな問題となり、厳しい状況となってしまいました。
現在はカジノカフェが駄目だという情報もネット上に多く掲載されており、訪れてくれる客もなかなかいません。

その結果、カジノカフェは経営困難の状態となっており、大金を使って遊んでくれるユーザーもなかなか見つけられなくなりました。

今後はカジノカフェではなく闇カジノの方が圧倒的に多くなるでしょう。
同時にオンラインカジノというサービスがネット上である程度の犯罪抑止力を発揮して、カジノカフェのような危ない場所を減らしてくれるのです。

これからはオンラインカジノのサービスが拡大していくと同時に安心感を得られるでしょう。