マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点とは

マーチンゲール法とモンテカルロ法は一見全く異なる攻略法に見えます。
しかし、共通点もいくつかあるのは事実です。

今回は、マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点にフォーカスし、共通の弱点や共通の強みにも触れながら紹介していきます。

これを読めばきっと、マーチンゲール法とモンテカルロ法の似ている点が分かり、オンラインカジノでよく用いられる2つの攻略法について、より理解が深まるのではないでしょうか。

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点は、5つあります。
それは、長い歴史を持つ、損失を回収する、クラシカルなゲームに対応、オンラインカジノで使いやすい、そして利益を出しやすいという点です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はいずれも長い歴史を持つ攻略法です。
オンラインカジノが生まれる以前、18世紀ごろには原型が生まれていたとされています。

カジノのための攻略法は数多くありますが、ここまで歴史を持つ攻略法は多くありません。
それだけ長く多くのギャンブラーに愛されてきた攻略法であるというのがマーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点です。

クラシカルなゲームに対応しているのがマーチンゲール法とモンテカルロ法の共通点です。
共に2倍配当のゲームに対応し、伝統的なカジノのゲームに利用できると言う点で共通しています。

これらのゲームは、マイペースで落ち着いてプレイできるので、派手な演出やにぎやかなゲームで疲れた方には最適といえ、更に攻略法が使えるのはメリットです。

オンラインカジノで使いやすい攻略法という共通点もあります。
モンテカルロ法は、その確実な攻略能力から、実際のカジノで禁止されている場合があります。

しかし、オンラインカジノではマーチンゲール法とともにモンテカルロ法も自由に使える攻略法です。
方法も慣れてしまえばオンラインカジノで簡単に使えるので、とても便利といえます。

この点はマーチンゲール法とモンテカルロ法の大きな共通点であるといえるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は共に利益も出しやすい攻略法です。
メリットで紹介したいポイントでもあるのですが、マーチンゲール法とモンテカルロ法は最終的にほぼ確実に利益が出るという共通点を持ちます。

こういった共通点から長年愛されてきたとも言えるでしょう。

いずれにしても方法自体は全く異なるものの、共通点が多いのがマーチンゲール法とモンテカルロ法です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通した弱点

マーチンゲール法とモンテカルロ法の共通した弱点

マーチンゲール法とモンテカルロ法には共通した弱点もあります。
それは、ベット金額が上昇する、大きな利益が期待できない、対応ゲームがとても少ないといった3点です。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はベット金額が上昇していきます。
マーチンゲールは負けるたびにベット金額が倍に、モンテカルロ法は、そこまで上昇しないものの、確実にベット金額が上昇していく点で共通しています。

そのため、いずれの攻略法もある程度の資金を用意してプレイする必要があるといえるでしょう。

大きな利益も期待できません。
一度に数百倍の利益を出すという力は、マーチンゲール法とモンテカルロ法ともに持ち合わせていないのが弱点です。
そのため、攻略法として華に欠けるといった印象があります。

対応ゲームも非常に限られます。
クラシカルなブラックジャックやシックポー、ルーレットといったゲームです。

こういったゲームはオンラインカジノの隅に追いやられているイメージも強く、若干ゲームを楽しめない印象もあります。
対応ゲームしかないという点もマーチンゲール法とモンテカルロ法に共通しています。

これらの点が弱点といえるでしょう。

マーチンゲール法とモンテカルロ法に共通したメリット

マーチンゲール法とモンテカルロ法に共通したメリット

マーチンゲール法とモンテカルロ法のメリットは、利益を積み重ねられる、アプリがある、分かりやすいといった点が挙げられます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法は共にコツコツと利益を積み重ねられます。
対応ゲームが2倍配当ないし3倍配当なので当選もしやすく、その度に利益が増えていく点は魅力といえます。

マーチンゲール法とモンテカルロ法はともに利用する際にアプリがリリースされています。
そのため、勝敗結果を入れていくだけでどんどん次のベット金額がガイドされ、効率よく攻略できるのです。

分かりやすいのも共通しています。
マーチンゲール法とモンテカルロ法から派生した攻略法や新たに編み出された新興の攻略法は、難解でミスをしやすい内容も少なくありません。
しかし、マーチンゲール法とモンテカルロ法は共に無料ゲームで練習すれば、少なくともその日のうちに簡単に利用できます。

このようにマーチンゲール法とモンテカルロ法は共通したメリットも多く、魅力的な攻略法といえます。
オンラインカジノでの利用もしやすく禁止されている攻略法でもありません。

そのため、まずはこれらの攻略法を利用してみるのも良いのではないでしょうか。

ネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈

ネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈
ネットカジノの話題になると、違法だと声高に主張する意見があります。
しかし、基本的によほど問題のあるプレイや利用をしなければ、違法になりません。

今回、このネットカジノが違法だという主張とそれに対する解釈を中心にお話ししていきます。
これを読めばきっとネットカジノのプレイが基本的には違法でないということがわかるのではないでしょうか。

カジノという名前なのでネットカジノは違法という意見

カジノという名前なのでネットカジノは違法という意見

ニュースを見ると度々日本国内でカジノの違法営業の摘発が報道され、有名アスリートも逮捕されたことで、よりカジノが違法に感じられるようになった方も多いはずです。
そんなカジノという名前を冠したネットカジノも当然違法ではと考えるのも自然な流れといえます。

しかし、ネットカジノは、そういった賭博罪や賭博場開帳図利罪(とばくかいちょうとりざい)という違法行為には当たりません。
その理由として、プレイヤーが日本でプレイしていないこと、そもそも日本でカジノを営業していないということが挙げられます。

プレイヤーがネットカジノでプレイしているのは、海外の企業が海外で運営するネット上のカジノです。
そのため、解釈としてネットカジノでプレイするということは、国内の違法カジノに足を運んでプレイするというものではなく、海外の旅行先でカジノのプレイをするのと同じ意味になります。
賭博罪など公的に認められないギャンブルを「日本で」遊ぶこととは異なります。

カジノの運営している場所もクリーンです。
ネットカジノといっても運営している国で違法と認められている行為であれば、ネットカジノであっても現地の法律で罰せられます。

しかし、ネットカジノの運営元は、国でネットカジノの営業を容認している場所であり、当然プレイヤーも公認のネット上の店舗でカジノをプレイしているという解釈になります。

さらにそれらのネットカジノはそれぞれの国から営業の許可とも言えるライセンスを取得しているケースがほとんどです。
近年では業容拡大で運営企業が多国籍になってきている場合は、本社のある国だけでなく、支社の国でもライセンスを取得するダブルライセンスも得ています。

こういったライセンスを得ているため、出金時には身分証明書の提示やマネーロンダリング防止の観点から、一度に100万円相当を超える出金ができないなどの配慮がされています。

このようにプレイヤーも、そして運営元も合法的にオンライン上のカジノをプレイ、または運営しているため基本的には違法にはならないのです。

逮捕者が出ているからネットカジノは違法という意見

逮捕者が出ているからネットカジノは違法という意見

ここまでの意見に対して、詭弁だという意見も当然あると思います。
ネットの解釈に関しては、様々な見方があり、日本で賭博行為をしているのと同じだという意見があるのは自然です。

そして極めつけは、逮捕者を出しているというのがそれらの意見の方の最大の主張といえるでしょう。
しかし、逮捕者が出たケースは冒頭にもお話しした通り、「基本」的なプレイを逸脱していたということがその理由です。

その逮捕のパターンについては、次の項目でお話ししましょう。

ネットカジノを実店舗でプレイして逮捕
ネットカジノを実店舗、一見意味が分からないと感じた方もいるはずです。
簡単に言えば、ネットカジノの入出金を実店舗でやり取りしたケースです。
カジノカフェという業態の店舗がそれに当たり、この店舗では現金の入出金を代行して、金銭の授受を行っていました。

ネットカジノは入金こそ簡単ですが、出金の場合は身分証明や海外送金、電子マネーへの両替など、何かと面倒です。

そういった面倒な手続きを店側で行い、客は店にお金を渡して店内のネットカジノをプレイ、儲けが出て出金できるようになったら店からお金を受け取るというシステムです。
これは、完全に賭博場開帳図利罪で違法になります。

なぜなら、ネットカジノというシステムを使って「日本でお金のやり取りをする」ギャンブルになっているからです。
この状態では、当然ネットカジノを利用しているからといって違法カジノのストットマシンがネットカジノのパソコンに変わっているだけです。

つまり、こういった違法店舗を利用しなけれは違法にはなりません。

運営実態が完全に日本企業だった
運営実態が完全に日本企業だったという逮捕事例もあります。
確かに登記上はネットカジノが合法なフィリピンで、フィリピンのライセンスの他にキュラソーという、これもネットカジノを容認している自治政府からライセンスを得ていました。

しかし、運営は幹部全員が日本人で、しかもネットカジノの客がほぼ100%日本人だったということです。

こういった場合は、たとえ名義は海外の企業であっても日本人向けのサービスをする日本企業と同じなので完全に違法と判断されました。
幹部は全員逮捕されています。

このように明らかに日本人しか利用していない、実質日本人用のカジノになっているネットカジノは、営業実態に注意する必要があります。

ただ、基本的に大手のネットカジノは完全な海外企業であり、日本語以外にも多言語にチェンジできるネットカジノであれば、海外のサービスとなるので、冒頭の海外のカジノとみなされます。

目標は21を目指すブラックジャックの基礎知識

カジノゲームにはトランプを使って勝負するカードゲームがいくつもあります。
カジノのカードゲームの中でも初心者から上級者まで幅広く人気を集めているのが「ブラックジャック」です。

ブラックジャックはカードの合計を21に近づけるかを競うゲームです。

シンプルなルールながら非常に奥深く、熱い駆け引きが楽しめることから多くのプレイヤーに楽しまれています。
一見難しそうに見えるブラックジャックですが基本的なポイントさえおさえておけば楽しく遊べるのが大きな特徴です。

今回は、オンラインカジノのブラックジャックについて紹介します。

ブラックジャックとは

ブラックジャックとは

ブラックジャックはトランプを使ったカードゲームです。

勝負はディーラーとプレイヤーが一対一で行い、手札の合計が21に近いほうが勝利となります。
合計が21ピッタリになることをブラックジャックと呼び、ゲームの名称となっています。

ブラックジャックの最大の魅力はベットをめぐる駆け引きです。
勝ち負けを予想してベットするのか、それとも勝負からおりるのかを判断します。
勝てるチャンスなのにおりてしまったり強気でベットしたのに負けてしまったりと、単純な運だけでは勝てない奥深さが多くの人を惹きつけます。

ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックはディーラーと一対一で勝負するゲームです。
オンラインカジノでは他のプレイヤーと同じテーブルでプレイすることもありますが、他プレイヤーとは勝負せずあくまでも対戦相手はディーラーです。

ブラックジャックは最初にベットを行った後、プレイヤーとディーラーにそれぞれ2枚ずつのカードが配られるところからゲームが始まります。
プレイヤーは配られた2枚の手札を見て勝負をするかおりるかを判断します。

勝負する場合はカードを1枚引く(ヒット)かカードを引かずに勝負するか(スタンド)かを宣言します。
ヒットを宣言した場合はスタンドになるまでカードを引き、スタンドを宣言した時点の手札の合計でディーラーと勝負を行います。

手札の合計が21を超えると「バースト」となりその時点で負けとなります。
勝負に勝つとベットしたチップの2倍が払い戻され、負けるとチップは全額没収されます。

ブラックジャックの特殊ルール

ブラックジャックの特殊ルール

ヒットとスタンド以外にもプレイヤーにはいくつかのアクションが可能です。

・ダブルダウン
2枚の手札が配られたときにダブルダウンを宣言するとカードをあと1枚だけひくことを条件に掛け金を倍に増やせます。

3枚の手札の合計で勝負することになるので最初の2枚の手札が強力な場合に選択するのが望ましいアクションです。
ダブルダウンはタイミングよく選択すれば大勝ちが狙えますが、失敗すれば失うチップも倍になるリスクを伴います。

・インシュランス
ディーラーの手札の2枚のうち表向きになっている1枚がAであるときに限り認められるアクションが「インシュランス」です。

インシュランスは一種の保険のようなものでベット額の半額を支払うとディーラーがブラックジャックをそろえたときに限りベット額を含む支払い全額が戻ってくるというルールです。
最初のベットで10枚のチップを賭けていた場合はインシュランスとして支払う額は5枚となり、ディーラーがブラックジャックをそろえたら15枚が手元に戻ることになります。

インシュランスで払い戻されるのはディーラーがブラックジャックをそろえたときに限られ、ブラックジャックではなかった場合はインシュランスで支払った半額は没収されてしまいます。
この場合は通常の勝負となり勝てばベットの倍額が払い戻され負ければ全額没収されます。

つまり、インシュランスをしてディーラーがブラックジャックにならなかった場合は勝負に勝っても手元に戻るチップはベット額の1.5倍になります。

・スプリット
最初に配られた2枚の手札の数字が同じだったときは「スプリット」を宣言できます。
スプリットを宣言すると2枚のカードを2つに分けそれぞれを手札として勝負を行います。

掛け金は最初に宣言した額をベットするため倍額が必要になります。
スプリットは手札を2つに分けるだけなので必ずしもプレイヤーが有利になるわけではありません。

一部の数字はスプリットが非常に有利に働くので見極めが重要です。

・サレンダー
「サレンダー」とは降参という意味で、最初の手札で負けると判断したときはベット額の半額を支払うことで勝負をおりることができます。

これらの代表的なアクション以外にもオンランカジノ独特のルール(ハウスルール)が導入されていることがあります。
プレイする前にルールを確認しておきましょう。

ブラックジャックで儲けられる?

ブラックジャックはオンラインカジノの中ではプレイヤーに有利な設定のゲームです。
数学的な統計調査によるとカジノで期待値が100を超える(儲けが出る)可能性が最も高いのは熟練者がブラックジャックをプレイした場合だとされています。
駆け引きや勝負どころの見極めなどプレイヤーの選択が勝負結果に与える影響が強く、運のみで決まるゲームに比べれば勝てる可能性はかなり高いゲームです。

逆にいえばプレイヤー次第で負けてしまう可能性が高いゲームでもあります。
ゲームそのものを楽しむつもりでプレイするのが正しいブラックジャックとの向き合い方といえるでしょう。

必勝法は?

必勝法は?

ブラックジャックには「カウンティング」と呼ばれるカードの強さを数値化する攻略法が存在します。
リアルカジノの殆どで禁止されているカウンティングですが、ライブゲーム型のオンラインカジノならカウンティングが通用する可能性があります。

ただし、現在では最新鋭のシャッフルマシン導入や疑わしいプレイヤーの排除などカウンティングに対する対策も進んでいます。
規約にカウンティング行為禁止を明記しているオンラインカジノも多いので注意してください。

まとめ

シンプルなルールながら熱い勝負が楽しめるブラックジャック。
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

新参故の柔軟性と十分な安心感を誇るカジノ

安全性が高いからこそ運営を続けられる

安全性が高いからこそ運営を続けられる

オンラインカジノは、ギャンブル業界の中でも飛び抜けて高いペイアウト率を持つことから、世界的な人気を誇っています。
オンラインカジノのペイアウト率は97%という驚異的な高さで、これはギャンブルに投じた金額の97%が戻ってくることを意味しています。

パチンコでも競馬でもギャンブルに参加したことがある方ならば、この97%というペイアウト率がどれほど高いかわかるでしょう。
これだけ高いペイアウト率ならば、まったくの未経験者がプレイしても利益を得ることが可能となります。

しかしオンラインカジノと一口に言っても、現在世界には2千以上のオンラインカジノが存在しています。
その中でも大手と呼ばれるオンラインカジノはごくわずかで、オンラインカジノプレイヤーの大半がそうした大手オンラインカジノでプレイしています。

こうしたオンラインカジノ業界の事情から、新設されたオンラインカジノが成功し、長く運営を続けられる可能性はかなり低くなっています。

新参オンラインカジノながらも信頼度は抜群

新参オンラインカジノながらも信頼度は抜群

ところが、2018年12月に設立されたばかりのオンラインカジノが今大変注目されています。
それはカジノシークレットというオンラインカジノで、カジノで有名なマルタ島に本拠地を置いています。

オンラインカジノの運営に必須のライセンスも本拠地のあるマルタ島より発行されています。

オンラインカジノを合法として認めている国は世界に多くありますが、その国によってライセンス発行の審査の難易度が違います。
資金さえあれば簡単に取得できるようなライセンスもあれば、大企業であっても審査落ちしてしまうような厳しい審査を必要とするライセンスもあります。

マルタ島発行のライセンスはまさにその後者であり、例えどれだけ資金を持っている大企業であっても、そう簡単にライセンスを取得することができません。
資金面の他にも、高い運営能力や公正公平なギャンブルの提供能力など、様々な側面からオンラインカジノを運営するに相応しい会社かどうかをチェックされます。
こうした厳しい審査をパスしなければライセンスを発行されないため、マルタ島からライセンスを受けているオンラインカジノは、安全面・信頼面に関して優れていると判断することができます。

カジノシークレットは新参オンラインカジノでありながらも、このマルタ島よりライセンスを受け運営に漕ぎ着けているので、その安全性・信頼性にかけては抜群のものがあります。

また、カジノシークレットはオンラインカジノ業界に関わっていたエキスパートたちにより設立されているので、従来のオンラインカジノの魅力に足りなかった点が上手くカバーされ、ベテランもルーキーも誰でも楽しめるオンラインカジノとなっています。

斬新的な初回入金キャッシュバック

斬新的な初回入金キャッシュバック

オンラインカジノの魅力の一つとなっているのがボーナスです。
ボーナスとは条件をクリアすることで、現金同様に使える無料チップを受け取れるサービスのことです。

オンラインカジノごとにこのボーナスの内容は異なるのですが、共通しているもっとも大きなボーナスが初回入金ボーナスでしょう。
文字通り初回の入金時に受け取れるボーナスで、基本的には入金した金額の100%をボーナスとして受け取ることができます。
カジノシークレットでは、この入金ボーナスを入金キャッシュバックと呼び、内容がその他のオンラインカジノと違っています。

一般的なオンラインカジノでは、初回入金が完了した時点でボーナスが付与されるのですが、カジノシークレットの場合は初回入金後ゲームに勝てず利益を出せなかった場合に限り付与されます。
付与されるボーナスは入金額の50%を最大で50ドルまでとなっています。

これはその他のオンラインカジノと比べると条件が悪いように思えますが、カジノシークレットはその初回入金キャッシュバックで得た分の引き出しを自由に行うことができます。

ほとんどすべてのオンラインカジノが、一定の条件を満たさなければ初回入金ボーナスの引き出しをできない仕様としています。
初回入金ボーナスを引き出すためには、入金額にボーナス分を加えた額に18倍程度をかけた金額をプレイしなければなりません。

これは最低賭け条件と呼ばれ、たとえば100ドルの入金で100ドルのボーナスを受け取った場合、200ドル×18=3600ドル分プレイする必要があります。
3600ドルというと、日本円にして40万円近くもの大金となりますので、これだけの金額をゲームに費やすのはそう簡単なことでありません。

カジノシークレットにはこうした最低賭け条件が存在しないため、初回入金キャッシュバックで得た金額は、すぐに引き出し現金化することもできますし、そのままプレイに使用することもできます。

初回入金ボーナスは、内容は魅力的ながら引き出すための制限がきついのが大きなネックとなっていたので、このカジノシークレットの初回入金に関するプロモーションは斬新で非常に魅力的なものとして、多くのオンラインカジノプレイヤーに支持されています。

こうしたキャッシュバックの他にも、ネットエントやマイクロゲーミングといった有名なソフトウェア会社のゲームを多く揃えていたり、日本語スタッフによる完全日本語対応を実現していることから、日本人プレイヤーにとってもカジノシークレットは遊びやすいオンラインカジノとして注目を集めています。

昨今の動きとも連動する様々な問題点

オンラインカジノが抱える社会的問題。
少々、大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、誰もが楽しめる国際的なコンテンツであるオンラインカジノは、楽しさの一方で、いくつか抱えている問題があります。

今後、今以上にオンラインカジノを安心して楽しむためには、これらの課題をどのような形で改善させるのかが大切になります。

法律的な問題もある

法律的な問題もある

あくまでも日本国内の問題ではありますが、オンラインカジノの法律的な解釈は、今後解決した方が良いであろう問題です。

オンラインカジノは法律的な面から常にグレーゾーンだと囁かれています。

実際には海外のサーバーにて運営されているコンテンツである以上、法規範はサーバーの置かれている海外でという解釈で落ち着きつつあるのですが、法律の問題はデリケートです。
ましてや今後、IRの解禁等もありますので、オンラインカジノの法的な立ち位置を明確にすることも大切でしょう。

但し、この点はオンラインカジノ業界の努力云々ではなく、法律を作る側の問題です。
オンラインカジノ業界としては、いわば「このまま」でも特に問題ありませんが、日本人ユーザーとしてはそろそろ決着をしてもらいたいとの思いもあるのではないでしょうか。

その点では、法律的な面を「決着」させることで、国内のユーザーとしても心置きなくオンラインカジノを楽しめると共に、まだオンラインカジノ未プレイで、且つ法律的な面を心配しているというユーザーも、法律面が整えば安心してオンラインカジノを楽しめるようになるのではないでしょうか。

ギャンブル依存症との向き合い方

ギャンブル依存症との向き合い方

この点もまた、オンラインカジノ業者が直接悪い事をしている訳ではないのですが、オンラインカジノとしてもギャンブル依存症とどのように向き合うのか、今後オンラインカジノが発展するためには気にするべき部分ともいえるでしょう。

実際、オンラインカジノの中には既にギャンブル依存症対策に乗り出しているところもあります。
一か月のベット額の上限を定めているところもあれば、ロック機能や入出金の上限設定等、無理をせずに楽しめる設定をしているオンラインカジノもありますので、決して「まったく何もしていない」訳ではありません。

しかし、今後は先にもお伝えしたようにIRが控えています。
国内に於ける事実上のカジノ解禁とも言われているIR法案は、オンラインカジノも決して無関係ではありません。
カジノ解禁ともなれば、今後はオンラインカジノに国内の業者が参入し、さらなる巨大市場を形成する可能性もあります。

すると、そこで問題になるのがギャンブル依存症の問題です。
IR法案に於いてもギャンブル依存症の問題がクローズアップされました。

もしもですが、オンラインカジノが今後国内でも可能にとなれば、更にギャンブル依存症の問題がクローズアップされることが予想されます。
先の件同様、オンラインカジノ業者側が悪いことをしている訳ではないのですが、オンラインカジノが今後さらに発展を遂げるためには、この問題にも向き合う局面が来ることでしょう。

分かりやすさの問題について

分かりやすさの問題について

オンラインカジノは現状、アカウントを開設し、送金サービスにも登録。
送金サービスを介すことで入出金を可能にしています。

慣れてしまえば決して難しいことではないのですが、まだオンラインカジノを楽しんだことがないプレイヤーにとっては、送金サービスに対してハードルの高さを感じているのではないでしょうか。
それだけに、送金サービスに頼らない環境づくりが求められるのですが、この点もいわばオンラインカジノ業者だけの努力ではなく、先にもお伝えした法整備に準ずるものとなっています。

オンラインカジノを楽しむにあたって送金サービスを利用するのは、国内の金融機関からオンラインカジノのアカウントにはダイレクトに入出金ができないからです。
しかし入金しなければお金を賭けて楽しむことができません。

これではオンラインカジノの魅力が半減してしまいます。
そこでオンラインカジノに入金できる方法としてクローズアップされることとなったのが、この点もいわば法整備がなされていないことで直接送金ができないからこそ、送金サービスを頼っているのです。

法整備さえ整えば送金サービスが不要になり、オンラインカジノがさらに身近なものになる可能性を秘めていますが、この点に関してもオンラインカジノ業者側の努力ではなく、行政側の対応を待つというスタンスになります。

まとめ

オンラインカジノがより楽しめるコンテンツとなるためには、これらの解決が大切ではありますが、一方でオンラインカジノ業者側ができることではない現実もあります。

しかし、今後IRが本格的に導入されることとなれば、そのタイミングでオンラインカジノに関しても様々な議論が繰り広げられることが予想されるだけに、今後オンラインカジノもこれらの問題と向き合う機会をチャンスと捉えるべきでしょう。

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

普通に生活している分には縁はなく、ちょっとわかりにくい点もあるオンラインカジノ。
日本国内にある公営ギャンブルとは違い、わからない事を気軽に聞く事ができる人も周りに居なくて困っているという人も少なくありません。

そんな人に是非、今回、参考にして頂きたい事を少しお話したいと思います。
良かったら、これを読んでオンラインカジノの疑問点を少しは解消して頂けたらと思います。

利用法さえ守ればいつでも安全に遊べる

オンラインカジノが抱えている社会的問題とは?

パソコンやスマホ一つで24時間365日、いつでもどこでも楽しむ事ができるオンラインカジノ。
一見、なんの問題もなく楽しいことばかりのようにも思えるオンラインカジノですが、日本をはじめ海外に目を向けると多くの社会問題を抱えているという事が言われています。

その中の一つがギャンブル依存症です。

パチンコやパチスロの場合、開店時間と閉店時間が決まっている為、1日の中でも終わりの時間があり、ある程度けじめをつけて楽しむ事も可能です。

一方、オンラインカジノの場合は開店も閉店もない為、24時間ぶっ通しで楽しむ事も可能となっています。

この点において、自分自身でけじめを付ける事ができない人にとっては大きな問題となってしまうのです。

初めは仕事から帰ってからの1・2時間程度。また、休日のみと決めてオンラインカジノを楽しんでいたような人でも、ついついのめり込んでしまい、結果、仕事にも行かず1日中、オンラインカジノを楽しんでしまうという事も。

しかも、オンラインカジノの場合、その場で現金を支払い楽しむのではなく、クレジットカードや電子決済サービスを利用するため、金銭的にマヒしてしまう事も多くなってしまいます。
その結果、気付けば借金だらけ…。といった事も起きてしまうのです。

こういった事がオンラインカジノの大きな社会問題の一つと言われています。

オンラインカジノを始める為に必要な準備

オンラインカジノを始める為に必要な準備

そんなオンラインカジノを始める前の準備として、もちろん必要となるのがパソコンやスマホ、そしてネット環境となります。
勿論入出金に必要な電子決済サービスの準備も忘れてはいけません。

オンラインカジノの場合、直接、日本の銀行口座に入金してもらう事はできず、必ず電子決済サービスを間に挟むような形で出金しなければなりません。
入金に関しては、クレジットカードが可能なオンラインカジノもあり、その場合、手元にあるクレジットカードを利用する事も可能です。

電子決済サービスには、ecoPayz・iWallet・Bitcoin・VenusPointなどがあり、それぞれ、オンラインカジノによって対応しているものが異なる為、出来れば、どのオンラインカジノを利用するか決めた上で対応している電子決済サービスを利用する事をお勧めします。

そして、あとは自分自身で決めたけじめが必要です。
オンラインカジノの場合、無限に楽しむ事も可能となるギャンブルです。
その為、時間や曜日を決め、それ以外の時間には行わないなど自分で取り決めを行うことが重要で、そうする事で長く無理なくオンラインカジノを楽しむ事が可能となります。

登録から払い戻しまで

オンラインカジノの登録は、まず、自分が利用したいと思えるオンラインカジノを選び、そこから案内通りに行えば簡単に登録する事が可能です。
その際、払い戻し先として電子決済サービスを登録しておけば、スムーズに払い戻しする事も可能となります。

オンラインカジノの場合、通貨を選択する事ができる場合もあり、そこで迷った際は米ドルを選択しておくと無難です。

また、チップを購入する際は、クレジットカードを利用する事ができる場合もあり、クレジットカードを利用する事ですぐにでもオンラインカジノを始める事が可能となっています。
払い戻しにおいては、いくつかの方法があるものの一番便利なのは電子決済サービスとなります。

ボーナス・プロモーションについて

ボーナス・プロモーションについて

オンラインカジノの場合、初回限定ボーナスや定期的・不定期のボーナスなどがあります。
ただし、この場合、払い戻しをする際、条件が課せられる場合がある為、注意が必要となります。

カジノカフェの摘発や逮捕

日本国内においてカジノの興行は違法賭博となります。
その為、カジノカフェにおいては、違法となり摘発される事となりますし、経営者だけではなく利用者も検挙されてしまいます。

そのような目に遭わない為にも、絶対にオンラインカジノ感覚でカジノカフェなどを利用する事がないよう注意してください。
あくまでも、オンラインカジノは個人で利用してください。

これからのオンラインカジノについて

今現在、日本の法律ではグレーゾーンと言われているオンラインカジノ。
運営側が海外の企業で国内に店舗を構えていないという事で、まず、オンラインカジノを利用し摘発される事はありません。

しかし、今後、IR法案が成立すると、オンラインカジノへの考えも異なってくる可能性があります。
その為、オンラインカジノを安心して楽しむためには、今後の法案の行方を確認しておく必要があると言えます。

カジノの違法形態は減少傾向にある

カジノカフェの店舗数自体が減っている

オンラインカジノを使ってギャンブルをさせ、利益を得るのがカジノカフェです。
カジノカフェに関しては2000年代中盤に多く誕生し、オンラインカジノの知名度が低い状態のときには多くの方に利用されていました。

しかし、カジノカフェ自体はどんどん減少傾向にあり、なかなか経営を続けられない問題があります。
最近は一般的なカジノとしてサービスを提供し、摘発されるケースの方が圧倒的に多くなっています。

オンラインカジノを使わない背景には、オンラインカジノサービスが認知されたからという部分も大きいのです。

カジノカフェの店舗数自体が減っている

オンラインカジノが認知されて気づかれやすくなった

カジノカフェが多く誕生した背景には、オンラインカジノの知名度が低かったからという部分もあります。
一般的なカジノは日本でも認知されており、遊んではいけないのはわかっていましたが、オンラインカジノについては知られていなかったのです。

こうした知名度のなさが影響して、簡単にオンラインカジノで稼げる状態を作ってしまいました。
その結果、カジノカフェは多くの地域で登場してしまい、どんどん拡大してしまったのです。

しかし、現在はオンラインカジノに関連する情報がネット上に多く掲載されています。
ネット上にある多くの情報を見ておけば、簡単にオンラインカジノで遊べると判断できますし、個人でも自宅で遊べると考えられるのです。

逆に言えば、カジノカフェの関係者にとっては致命的な状況となり、オンラインカジノで遊んでみたいと考える人も誘えなくなりました。
この結果、オンラインカジノを使ったサービスでは客を誘致できないと判断されているのです。

カジノカフェにとって今まではオンラインカジノを使えば簡単に客を呼び込むことが可能でした。
しかし、今ではオンラインカジノについて知られている状況が生まれたため、結局ゲームをさせられず、ユーザーも来てくれないのです。

その結果、オンラインカジノでは通用しないと判断した業者が多くなり、カジノカフェは撤退が相次いでいます。
同時に摘発されて消えていくカジノカフェも相次いだため、これ以上は厳しいと判断して別の方法に切り替えられたのです。

オンラインカジノを広く認知できたのが大きい

オンラインカジノを広く認知できたのが大きい

オンラインカジノによる犯罪が減少している背景には、オンラインカジノのサービスをネットから認知させられたのが大きいでしょう。
オンラインカジノは自宅でも遊べること、そして入金方法についても様々なものが用意されており、安心して遊べると書かれているのが大きいのです。

この情報を見た人が、わざわざ外出先でオンラインカジノで遊ばなくてもいいんだと判断して、自宅でオンラインカジノで遊ぶようになったのはかなり大きなことです。

カジノカフェは外出先で遊んでもらいたいと考えていますし、手数料を取ってある程度利益を得たいと考えています。
この手数料という概念は、遊んでいる側にとってあまり良くないものです。

自宅でオンラインカジノを使う場合は、この手数料が加算されないため基本的にすべての利益を得られます。
カジノカフェに取られる金額も含めて得られるのはとてもいいことであり、オンラインカジノで遊ぶユーザーにとってはいい状況となりました。

オンラインカジノで犯罪が起きているのは警察も知っていますし、カジノカフェの摘発もかなり行われています

ただ、近年はオンラインカジノに関連する情報サイト等が多く出てきたことで、カジノカフェと呼ばれるところは減りつつあり、オンラインカジノに関連する摘発は減少傾向にあります。
オンラインカジノを日本国内で遊んでいいのかはグレーゾーン状態であり、警察としても動きづらいところにまだ問題は残されています。

カジノカフェは今後も増える可能性が低い

カジノカフェは今後も増える可能性が低い

カジノカフェでは稼げないのは多くの人に知られていますし、2006年以降に大規模な摘発等も続いたため、これ以上はカジノカフェを続けられないと判断しています。
その結果、カジノカフェは今後増える可能性がかなり低くなっており、オンラインカジノを使った犯罪行為はほぼ起こらないでしょう。

最大の理由は、オンラインカジノが自宅で気軽に楽しめるサービスで、外に行かなくてもいいと知られているからです。

カジノカフェにとって、オンラインカジノが拡大していったことがかなり大きな問題となり、厳しい状況となってしまいました。
現在はカジノカフェが駄目だという情報もネット上に多く掲載されており、訪れてくれる客もなかなかいません。

その結果、カジノカフェは経営困難の状態となっており、大金を使って遊んでくれるユーザーもなかなか見つけられなくなりました。

今後はカジノカフェではなく闇カジノの方が圧倒的に多くなるでしょう。
同時にオンラインカジノというサービスがネット上である程度の犯罪抑止力を発揮して、カジノカフェのような危ない場所を減らしてくれるのです。

これからはオンラインカジノのサービスが拡大していくと同時に安心感を得られるでしょう。

解決に向けた努力が必要な案件

オンラインカジノの問題について

オンラインカジノの問題について

オンラインカジノは、その利便性やボーナス特典など多くのメリットを有しています。
このため、世界中で受け入れられており、大変人気となっています。

特に日本国内でもオンラインカジノファンが増加中であり、今後ますます増えていくことでしょう。

ところが、このような状況にあるオンラインカジノなのですが、問題を抱えていることをご存知でしょうか。
これはオンラインカジノ業界全体が抱えている社会的な問題ですので、始める前には知っておく必要があります。

そこで、オンラインカジノが抱えている社会的な問題についてご紹介をしていきたいと思います。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノの社会的な問題点ですが、具体的には、問題の代表格であるギャンブル依存症があります。
この症状がどのような状態に陥ってしまうのかということはそれほど知られておらず、自分自身が気づかないということも珍しくありません。

本来、生活の一部として、エンターテイメント的な役割として取り入れて欲しいオンラインカジノなのですが、オンラインカジノ依存症となってしまった場合には、いつの間にか生活の全部を占めてしまうことになり、大変なことになってしまいます。

ギャンブルを楽しむ上で自制心は非常に重要ですが、ときに歯止めが効かなくなってしまい、オンラインカジノ依存症になってしまうことがあります。
そうなれば、自分の気持ちをコントロールできなくなってしまい、依存症となってしまいます。

自分だけはそのような状態にならないと考えがちの人もいますが、実はオンラインカジノ依存症は誰でも陥ってしまう可能性があるのです。

また、強度のギャンブル依存症に陥ってしまった場合には、自分で治すことが非常に困難になっています。
このような状態になってしまったら、すぐに専門家に相談をするようにして、周囲の助けを借りるようにしましょう。

オンラインカジノとギャンブル依存症問題

オンラインカジノとスパム広告の問題について

オンラインカジノのスパム広告を見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。
掲示板で無差別にスパム広告が貼り付けられていたり、またメールでスパムメールが届くこともあります。

スパム広告を送りつけているのは悪質なウェブオーナーであり、優良なオンラインカジノはそういったことをすることはありません。

しかし、一部の悪質なウェブオーナーのために、オンラインカジノ業界全体が悪いイメージになってしまうのは分けられません。
これはとても悲しいことであり、オンラインカジノ業界での課題となっています。

スパム広告が蔓延することによって客が離れてしまったり、イメージが悪くなってしまうことでオンラインカジノに対して規制がかかってしまう可能性もあります。

オンラインカジノとサービス意識の低さの問題

オンラインカジノは海外で運営されているということもあり、日本語サポートが重要となります。
英語でのやり取りができない日本人は何かとサポートのお世話になることになります。

しかし、オンラインカジノのサービスにはまだまだ問題があります。

他のサービス産業と比較してもサービス意識が希薄であり、ぞんざいな対応をされたり、時には日本語がまったく通じなかったり、時間に制限があることもあります。
時にはサポートからの返信がないこともあります。

オンラインカジノは、まだ歴史が浅いということもあり、サービス意識の低さが問題となっています。
このため、日本語サポートがしっかりとしている、顧客満足度の高いオンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

オンラインカジノと法律の曖昧さについて

オンラインカジノと法律の曖昧さについて

オンラインカジノは、法律的に曖昧な状態になっています。
その他の公営ギャンブルとは異なり、オンラインカジノは、海外で運営されていて、日本国内で法律で認められているというわけではありません。

そもそもオンラインカジノに関する法律がないので、これは違法とは言い難いのですが、法律的に曖昧なので誤解されてしまいがちです。
そして、今後日本国内で法律でどのように対応をしていくことが出来るのかという点でも社会的な課題となっています。

オンラインカジノと借金などの問題

オンラインカジノは、必勝法だったり攻略法を使うことで確実に勝てるという誇大広告がネットに上がっていたり、また副業や財テクとして紹介されることも多いです。
しかし、オンラインカジノはあくまでもギャンブルであり、そこにはハウスエッジが存在しているので、ここを誤解しているプレイヤーも少なくありません。

借金をしてまで、オンラインカジノで一山当てたいというプレイヤーもいて、借金返済を手軽に稼いで行おうとする行為も見受けられます。
既存のギャンブルと同様に、オンラインカジノも一つのギャンブルであるということを理解しておく必要があるのですが、プレイヤーが勘違いをしてしまうという点で問題となっています。

便利の陰に隠れた少しばかりの難点

ボーナス制限はオンラインカジノ特有の問題点

オンラインカジノは、ボーナスに関連している問題を抱えています。
それが出金制限によって気軽に出金できない点です。

基本的にボーナスは自由に使えるものですから、オンラインカジノ内で消化してしまえば特に問題はありません。
しかし、ボーナスを出金できないという問題だけで、初心者がオンラインカジノは危ないのではないかと考えてしまうのです。

本来はそのような問題はありませんが、オンラインカジノでボーナスを出せないという問題が指摘されたため、あまりいいように感じてくれない点もあるのです。

ボーナス制限はオンラインカジノ特有の問題点

ボーナスは規定をクリアしないと出せない

ボーナスは、オンラインカジノが定めている規程をクリアしなければ出金できません。
しかもオンラインカジノのボーナスはかなり多くの金額に達するケースが多いため、出金できない可能性が結構高いのです。

従って初心者の方は、そう簡単にボーナスを出せない問題が影響し、あまりオンラインカジノに近づいてくれないのです。
しかし、ボーナスをかなりもらえれば、ゲームを続けられる利点は持っているため、オンラインカジノで遊ぶユーザーも徐々に出てきています。

オンラインカジノは、ボーナスに関連しているルールを決めています。
このルールをクリアしない人は、ボーナスを出せないようにしています。

規定として、得られたボーナスから一定の倍率分だけお金を使わないと出金できません。
その倍率はオンラインカジノによって異なりますが、最低でも20倍が設定されます。

最大は50倍というかなり高い数字であり、最低の数字から2倍以上の倍率が適用されてしまうのです。

規程をクリアしない人は、オンラインカジノから出金できません。
どのような方法を利用してもお金を出せない問題が続いてしまうのです。

従ってボーナスを得る場合は、オンラインカジノからお金を出せるのかという部分をしっかり考えて規程をクリアするように心がけましょう。
特にボーナスを得た場合、出金するための倍率が高いオンラインカジノを選んでしまった場合は、本当に出金できるのかしっかり検討したほうがいいでしょう。

ボーナス規程をクリアできないユーザーが多いので気を付けよう

ボーナス規程をクリアできないユーザーが多いので気を付けよう

オンラインカジノのボーナス規程は、なかなかクリアできないものです。
そう簡単にクリアできるようにルールを定めているわけではないので、じっくり時間をかけてクリアするようにしましょう。

制限の倍率が20倍だったとしても、たった100ドルのボーナスが2000ドルの出金制限に変わってしまうので、制限をクリアするためにどのようなゲームを遊べばいいのか、そしてオンラインカジノでお金を残し続けられるのかしっかり考えてください。

規程をクリアできなかった場合、現時点で残っている金額が全てなくなるまでゲームを続ければ制限は解除されます。
0ドルになった時点で、口座内には何も残っていないと判断され、次に入金する分からボーナス制限は適用されません。

ただ、2回目のボーナスを受け取るなどして、またボーナス制限が加わるようになれば話は別です。
新しく適用されるボーナス制限はそのまま適用されてしまうため、新しく得られたボーナス制限はクリアしなければなりません。

また、出金できない問題に直面する可能性が十分にあると考えれば、あまりボーナスを得ないほうがいいかもしれません。
ボーナスを入金のたびに得ているような状況を続けていると、ボーナスで出金できない問題が多くなってしまうのです。

とにかく出金したいと考えるなら、ボーナスを得ないでオンラインカジノを遊ぶという選択肢も考えたほうがいいでしょう。
無理にボーナスを得るような状況を作っても意味がないのです。

ボーナス制限が緩和される場合も

近年は一部のオンラインカジノがボーナス制限を緩和するようになりました。
今まで厳しい制限を加えていたオンラインカジノが一転して、ボーナス制限を緩和して遊びやすいように変えていったのです。

これにより、ボーナスで出金できない問題が解消されつつあります。
それでも倍率が20倍以下に設定される可能性は低く、適用されるボーナスの制限はまだ高い状態が続いているのです。

オンラインカジノとしては、初心者の方も気軽に遊べるようなサイトにしたいと考えています。
当然遊びやすいようなサイトに変更する作業は実施していますし、オンラインカジノでも出金しやすいようにするサービスは導入しています。

ボーナスの制限も同様に、制限をしっかりと見なおして対応しているのですが、まだ数字が高い状態は続いているのです。

緩和されているといっても、基本的に厳しい倍率が適用される問題は解消されていないのです。
当然ですが、ボーナスを得ているユーザーはボーナスの制限と戦い続けなければなりません。
その中で大きな配当を得られるようになれば、オンラインカジノで一気にお金を増やすチャンスがあり、制限も関係なく高配当を出金できるのです。

ボーナス制限が緩和される場合も

気楽に楽しみながらお金儲けができる

オンラインカジノを楽しむ人が、この数年で爆発的に増えてきました。
ギャンブル好きな人にとっては、お試しモードでやってみただけでその面白さに感動してしまいます。

賭けることと稼げること、そして、楽しめることが一変に体験できる魅力がオンラインカジノにあります。

オンラインカジノとは?

オンラインカジノとは?

オンラインカジノは、インターネットを利用して賭けることができるオンラインのギャンブルゲームのことです。
ギャンブルのため、実際にクレジット決済等の手続きを経てお金を賭けて勝てば、配当金がもらえます。

パソコンやスマホ、タブレットですぐに参加できる手軽さと、大きな配当金も不可能ではない奥の深いゲームなのです。

大当りが期待できるスロットの魅力

ラスベガスでは「アメリカンドリーム」と呼ばれているスロットの配当金は、とても莫大な額になります。
ジャックポットと呼ばれる大当りで、一攫千金の大きな配当金が出てきます。

スロットマシンのジャックポットの過去最大の実績額はなんと48億円。
これはラスベガスでも数億円のヒットが出るだけでなく、マカオや他のカジノでもあります。

オンラインカジノでも、これ程のレベルには達しませんが、日本人のプレイヤーがオンラインカジノスロットで、数千万円レベルのジャックポットをヒットさせています。
このような話を聞いたら、皆さんもスロットを今からすぐに始めたくなるのではないでしょうか?

スロットでビックに稼げるチャンスがありそうなことは理解できたことでしょう。
ただし、スロットはゲーム展開が速くコイン消費が激しいので、少額の軍資金で、ちょっとだけ遊ぶ方がいいかもしれません。

オンラインカジノには、他にも色々なゲームが用意されています

人気なゲーム

人気なゲーム

まずは、カードゲームです。
カードゲームと言うとトランプのギャンブル。

ブラックジャックやポーカー、そしてバカラが人気のギャンブルゲームで根強いファンがエントリーしています。

ブラックジャックは女性ディーラーが渡すカードの合計をできるだけ21に近くなるようにして勝ちを取りに行くゲーム。
追加カードを求めるかを思考しながら進めていくのですが、2人間の駆け引きがとても面白くなっていくゲームです。

ブラックジャックで有利な立場に持ち込むためには、他プレイヤーやディーラーがオープンの持つカード数字の出方を見て、追加カードを決めるベーシックストラテジーという攻め方が活用するのがポイント。
勝率100%とはなりませんが、かなり高い確率でのゲーム運びが期待できます。

ポーカーは5枚のカードの組み合わせで強さを決めるゲーム。
カードゲームギャンブルの中では、最もメジャーなゲームで、ワンペアから、ロイヤルストレートフラッシュまでの組み合わせがあります。

ポーカーの面白い点は、相手をゲームからフォールドさせるだけでも、勝敗が決すること。
勝負に出る前に、相手に強そうなアプローチを仕掛けてチップ額を決めることもできます。

そのために、大きく儲けて損失を少なくさせることもポーカーの醍醐味です。
心理戦の要素が強いギャンブルです。

ブラックジャックやポーカーは、カードの流れを予測しながら勝ちを拾っていきますが、バカラはシンプルなルールのゲームです。
ブラックジャックやポーカーと異なり、プレイヤーと親(バンカー)のどちらが勝つかを予想するだけです。

両者の間でカード合計が9に近い方が勝者となるのですが、プレイヤーと言っても、自分が直接プレイヤーになるわけではありません。
バーチャル的なプレイヤーが2名設定されて、その2人の動きを見ながら勝ちを予想することから、ちょっと観察者のような気持ちになるのではないでしょうか?

ただ、賭け金がブラックジャックやポーカーよりも、高額になっていく傾向の強いギャンブルなので、大きな資金が動き配当金も高く跳ね上がる可能性があります。

次にルーレット。
カジノの中では、紳士淑女の人達が参加してくるゲームのイメージがあります。

1~36、0、00の数字ポケットが刻まれているルーレット盤が高速で回っていており、そのポケットの中に球が収まるか数字を予想して、チップを賭けるギャンブルです。

このゲームのルールも決して複雑ではないのですが、チップの賭ける場所によって、配当金の額や倍率が大きく変化していきます。

高い確率を目指すなら、赤・黒、偶数・奇数で賭けて、コツコツと手堅く稼ぐことができますし、高い配当金を期待して、1点、2点、4点狙いで賭けることも可能です。

アウトサイドベット、インサイドベットのアプローチの仕方や0、00賭けでも高配当が望めるので、コツコツ稼ぎたい人や高額狙いもできる奥深いギャンブルです。
じっくりと長い時間楽しむこともできるゲームです。

ライブカジノでエンジョイ

ルーレット

こんなオンラインカジノでも、今まではビデオゲームが主体でした。
コンピューターグラフィックを駆使したコンテンツが魅力的だったのですが、最近ではライブカジノも流行っています。

カメラによる撮影で、実写をライブ配信する方法を取っています。
ブラックジャックやポーカー、ルーレットだと、ディーラーの動きを見ながらプレイできるので、リアル感の高いゲームで楽しむことができます。

このようにオンラインカジノは、プレイの経験を深めれば、さらにその魅力がよく理解できるゲームです。